PLAY - Festival Internacional de Cinema Infantil e Juvenil de Lisboa (10)

PLAY - Lisbon`s International Kids Film Festival



締め切り

06 5月 2022
申し込み可能な

15 11月 2022
閉映画祭

26 2月 2023
通知日

25 2月 2023
05 3月 2023

住所

Rua Actor Estevão Amarante nº 32- estúdio,  1500-014 , Lisboa, Lisboa, Portugal


映画祭について
短編映画祭
長編映画祭


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 ジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2020
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画 
 長編映画 
 言語 
Portuguese
 字幕 
English Portuguese
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of PLAY - Festival Internacional de Cinema Infantil e Juvenil de Lisboa
Photo of PLAY - Festival Internacional de Cinema Infantil e Juvenil de Lisboa

Photo of PLAY - Festival Internacional de Cinema Infantil e Juvenil de Lisboa
Photo of PLAY - Festival Internacional de Cinema Infantil e Juvenil de Lisboa

English
Portuguese
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 25 2月 2023      映画祭の終了: 05 3月 2023

PLAYは、1歳から13歳までの観客を対象とした映画や上映映画を通じて、若い観客のための文化へのアクセスを促進することを決定した、子供とティーンエイジャー専用の最初のポルトガル映画祭です。

1. 将軍

1.1 目標

PLAY-リスボンの国際キッズ映画祭は、ポルトガルの映画祭で、
シネマを通じて若い観客の文化へのアクセスを促進することを決意した子供と青少年、
そして、教育学およびレジャー分野における全国的な参考になるつもりです。

1.2 日付
PLAYは2023年2月25日から3月25日まで、ポルトガルのリスボンのサン・ジョルジェ・シネマで開催されます。

1.3 参加資格
フェスティバルへの提出は、長編映画、クリエイティブドキュメンタリー、実験映画、学生に公開されています
2020年1月1日以降に完成したデジタルメディア向けの映画、短編映画、革新的なビジュアルプロダクション。

1.4 エントリー
2023 PLAY リスボン国際キッズ映画祭のエントリーは、5月9日から10月までオープンしています。
2022年の15日、後者は必要なオンラインエントリーフォームの提出期限です(
www.festhome.com またはプレイ中のエントリを呼び出す)。

映画は、選考委員会がオンラインスクリーニングを提供して評価のために提出されるべきか、
リンク。

1.5 プログラム
2022 PLAY リスボン国際キッズ映画祭には、以下が含まれますが、これらに限定されません。
プログラムセクション:

1-2歳—見ることを学ぶ; 3-5歳 — プレーを学ぶ; 6-9歳 — 考えることを学ぶ; 10-13歳
— 分解を学ぶ。 フェスティバルプログラム委員会は、選ばれた映画を適切な場所に配置します
セクション。

2. コンペティション

2.1 プレイ観客賞短編映画賞
ショートムービーはすべて視聴者コンペティションの対象となります。 受賞者は、3歳から5歳、6歳〜9歳、観客投票で選ばれた10歳から13歳を対象としたベストショートムービーの3つの受賞者になります。

フェスティバルプログラム委員会は、競合映画の選考を行います。 これは非金銭的です
賞を授与し、3人の受賞者にはそれぞれディプロマが授与されます。

2.2 プレイ審査員ジュニア賞
フェスティバルプログラム委員会は、競合映画の選考を行います。 フェスティバルの組織委員会によって指定された6歳から13歳までの子供で構成された審査員がこの賞を授与されます。 3つの受賞者があります:3歳〜5歳、6歳〜9歳、10歳から13歳までのベストショートムービー

2.3 プレイ国際短編映画賞
フェスティバルプログラム委員会は、競合映画の選考を行います。 国際審査員は、
フェスティバルの組織委員会によって指定された映画産業と文化の専門家がこの賞を授与されます。

審査員は、価値のある映画がないと感じた場合、賞を授与しないことを決定することができます。 審査員の決定は最終的なものです。 いずれかの陪審メンバーが職務を遂行できない場合、フェスティバルは1つ以上の追加の陪審員を指名する権利を留保します。 賞金は1000ユーロです。 受賞者の発表はフェスティバルで行われ、
閉まる夜。 フェスティバルが提供する金額は、遅くとも2023年5月30日までに受益者の銀行口座に振り込まれます。

3. プロモーション資料
参加者は、プロモーションのために要求された宣伝資料をすべて公開するように求められます。

4. 提出ガイドラインと資料

4.1 エントリーフォーム
フィルムは、付着したサイトとオンラインフォーム(1.4参照)を介して入力する必要があります。

4.2 プレビューコピー
提出を完了するために、申請者はオンライン審査のためのリンクを送信するように要求されます。

4.3 選択
フェスティバルのプログラマーは、フェスティバルで発表されたすべての映画を選んで招待します。 PLAY リスボン国際キッズ映画祭に選ばれた映画は、2023年1月30日までにウェブサイトで発表されます。 参加する映画制作者は、この日付より前に通知されます。

5. 厳選された映画

5.1 選択された映画は、公開されるモデルに従って展覧会を明確に承認する必要があります。 出展権の拘留者の署名とともに、PDFのコピーをメールに送信する必要があります contacto@playfest.pt

5.2 カタログ資料
選ばれた映画のすべての担当者は、フェスティバルへの参加を確認した上で、カタログ資料のリクエストを受け取ります。

5.3 広報資料
フェスティバルに参加している映画の広報担当者は、報道局から広報資料の送付要請を受けます。 これらの資料は、フェスティバルの出版物やマスコミへの配布に使用されます。

5.3.1 抜粋
映画を公式に選んだ後、フェスティバルは映画からの抜粋を使用する資格が与えられる。最後は1分間の映画の場合は最大で1分、最大10%となる。 抜粋が利用できず、いかなる状況下でも印刷全体が貸出されないことが理解されている場合。

5.3.2 プロモーション
セレクション全体および選択した各映画のプロモーションのために、フェスティバルのウェブサイトでは、写真またはデジタルフィルムクリップ(3フィート未満)を使用できます。

5.4 プログラミング
一般的なスケジュールと上映のタイムテーブルは、フェスティバル・マネジメントの裁量によって完全に行われます。

5.5 字幕
ポルトガル語ではない場合、一部の映画は、字幕付きでオリジナルバージョンで上映することも、ポルトガル語で吹き替えすることもできます。 印刷物を送る前に、英語のダイアログリスト(タイムコードを含む)を送信することが不可欠です。 翻訳、ダビング、時間コード化されたファイルやDVDの制作に必要な費用は、PLAY Festivalによってカバーされます。

5.6 フォーマット
フェスティバル中に提示できるフィルムフォーマットおよびビデオシステムは、35mm、DCP、ビデオファイル(mov、h264など)です。他のフォーマットおよびビデオシステムのプレゼンテーション、または他のタイプのディスク、フォーマット、またはライセンスを通じて配信するには、フェスティバルの承認が必要です。 この許可がなければ、フェスティバルは除外する権利を保持します
番組からの映画。

6. 選ばれた映画のプリントとビデオの配送
6.1。 選択された映画のコピーは、2023年2月10日までにフェスティバルの住所になければなりません。

6.2。 配送指示
フィルムを受領すると、詳細な印刷/ビデオ/DCP出荷情報が表示されます。

6.2.1 スクリーニングコピーの入手可能性
フェスティバルの許可がない限り、フェスティバル期間全体にわたってプリント/ビデオを利用できるようにする必要があります。 DCPは、取り込みとテストの直後にリクエストに応じて返却できます。 DCPを送信する場合は、フェスティバルはテストと取り込みに時間が必要であり、したがって利用可能である必要があることを考慮してください。 暗号化された DCP が配信される場合、DKDM のタイムウィンドウは 2023 年 1 月 30 日から 2023 年 3 月 15 日まで有効である必要があります。

6.2.2 出荷
フェスティバルは、別の映画祭への出荷が必要でない限り、輸送費を支払います。この場合、彼らは輸送を担当する必要があります。

6.2.3 プロフォルマ
プロフォーマット請求書は、送信者の名前、フィルムのタイトル、フォーマット、長さ、リール数(該当する場合)、カラーか白黒かを記載した印刷/ビデオに添付する必要があります。

6.3 印刷返品
すべてのプリントは、フェスティバル後2週間以内に返却されます。 DCPは、取り込みとテストの直後にリクエストに応じて返品できます。 返送先住所の詳細、および返送先住所への到着希望日について(変更があった場合)期限内にフェスティバルに通知するのは、各参加者の責任です。 の確認がない場合
フェスティバルから2週間以内に、上映コピーは映画の印刷元(エントリーフォームに記載されています)に返却されます。 フェスティバルは、これが引き起こす可能性のある不便について責任を負いません。

6.4。 保険
コピーの保険は、映画がフェスティバルオフィスに到着した瞬間に発効します。 この保険は、フィルムが再出荷されるまで有効です。 フェスティバル中に映画が破損または紛失した場合、フェスティバルは
標準印刷を注文するための現在のラボレートに基づいて、新しいプリントを作成したり、損傷したリールの交換にかかるコストにのみ責任を負います。

7. 結論
映画の入場と参加は、規制の無条件受け入れを意味します。 特記のない場合には、フェスティバル・マネジメントが最終決定を下す。



  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン