Cine Las Americas International Film Festival (23)



締め切り

11 12月 2020
申し込み可能な

28 2月 2021
標準締め切り

20 3月 2021
後期締め切り

20 3月 2021
閉映画祭

10 6月 2021
通知日

09 6月 2021
13 6月 2021

住所

1101 W. 34th St. #625,  78705, Austin, Texas, United States


映画祭について
短編映画祭 49'<
長編映画祭 >50'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2018
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 必須
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  49'<
 長編映画  >50'
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of Cine Las Americas International Film Festival
Photo of Cine Las Americas International Film Festival

Photo of Cine Las Americas International Film Festival
Photo of Cine Las Americas International Film Festival

Spanish
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 09 6月 2021      映画祭の終了: 13 6月 2021

映画祭は、物語とドキュメンタリー長編映画、短編映画、ミュージックビデオ、実験映画およびアニメーション映画を、競争力のある部門と競争力のある部門で上映します。 このイベントは、レパートリーや特別上映で補完されます。 第22回シネ・ラス・アメリカス国際映画祭(CLAIFF22)は、2019年5月1日から5日にテキサス州オースティンで行われた。 映画や特別イベントのために3,000人以上の観客を歓迎することに加えて、CLAIFF22は114タイトルを上映しました。これらのセレクションは、アルゼンチン、オーストラリア、ボリビア、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、フランス、ドイツ、ヨルダン、メキシコ、オランダ、ペルー、ポルトガル、カタール、スペイン、シリアアラブ共和国、英国、ウルグアイ、アメリカ、ベネズエラ。

過去22年間にわたり、Cine Las Americasはオースティンで2,600本以上の映画を上映し、テキサス州全域で様々な上映会を行い、同国で最も権威のあるラテン系映画団体の1つとなった。 Cine Las Americasはコミュニティ指向の組織であり、文化、教育、職業能力開発、娯楽のための多様な機会を提供しています。 映画祭は毎年、オースティンに国際的な映画や映画制作者を招き、業界の専門家のためのネットワーキングの機会を創出し、出席者に豊かな文化体験を提供します。

第23回シネ・ラス・アメリカス国際映画祭

2021年6月9日~13日 | 米国テキサス州オースティン


エントリの呼び出し

シネ・ラス・アメリカスは、映画製作者、プロデューサー、配給業者を招き、シネ・ラス・アメリカス国際映画祭に2年連続で参加する。 このフェスティバルでは、ラテンアメリカ(北米、中米、南米、カリブ海)とイベリア半島の現代映画とビデオが上映されます。 アメリカや世界のラテン人による映画やビデオ、アメリカ先住民族のグループによる映画やビデオも参加できます。

検討のために提出するには、プロジェクトが 2019 年 1 月 1 日以降に完了している必要があります。 すべてのエントリーは、フェスティバルの非競争セクションにも参加できます。 話し言葉が英語でないすべての作品については、英語の字幕および/またはナレーションが必要です。

* 2020 CLAIFFの予定でキャンセルされた映画は、再提出の機会の情報をメールで連絡します。

提出期限

応募は、以下の日時までにシネ・ラス・アメリカスのオフィスに提出する必要があります。

•締め切り:2021年2月19日(返金不可の入場料US$35)
• 締切日締切:2021年3月12日(締切料75米ドル)
• 青春映画の締め切り:2021年3月12日(青春映画は入場料を払わない)


入場料

•通常の締め切りまでに提出された各映画は、35米ドルの返金不可の手数料を支払う必要があります。
•通常の締め切り以降および締め切り前に提出された映画は、払い戻し不可の75ドルの延滞手数料を支払う必要があります。
•ユースフィルムのエントリは無料です.
•学生またはNALIPメンバー:US$25の定期的な締め切りとUS$50の遅延。 (検証が必要です。)


お問合せ

メール:entries@cinelasamericas.org


*** *** エントリーガイドライン***


適格性

フェスティバルの参加資格を決定する一般的なガイドライン:
•ラテンアメリカ(北米、中米、南米、カリブ海)とイベリア半島の現代映画やミュージックビデオが参加できます。
•Latinxs(世界のどの地域から)、および/またはLatinxs(世界のどの地域でも)に関する現代映画やミュージックビデオは参加資格があります。
• 米州先住民グループや米州先住民グループによる現代映画やミュージックビデオは参加資格があります。

映画またはビデオは、ラテン系またはアメリカ先住民族のグループによって制作される必要はなく、いずれの場合も、映画の提出および審査の対象となります。 映画やビデオの適格性に関するご質問は、選考委員会までお問い合わせください(entries@cinelasamericas.org)。

プロジェクトは、CLAIFF 2020に当初提出されていない限り、2019年1月1日以降に完了している必要があります。


フィルムセレクション

ドラマティック、ドキュメンタリー、実験、アニメーション、ミュージックビデオなど、あらゆるジャンルの長編・短編映画が検討されます。 事前選考委員会は、最終プログラミング委員会に推薦する前に、公式エントリーをスクリーニングします。 地域初演や全国初演のほか、映画祭前にオースティンで劇場上映されていない映画や、アメリカの国営テレビでも上映されていない映画が優先されます。

すべての上映の開示は、申請の前提条件です。 オースティンで上映された映画、オースティンで取材して放送された映画、公然とオンラインで視聴できる映画は、ほぼ必ず映画祭選考の対象外となる。 映画の上映履歴を開示しなかった場合、上映履歴は提出後に変更されても、映画祭の最終プログラミング決定に影響を及ぼす可能性があります。これには、映画祭の選考後に参加を取り消すなど、プログラムの整合性を守ります。

映画祭のプログラミング部門は、提出の資格と最終的なプログラミング決定を決定する権利を留保します。


青春映画

若い映画製作者のお祝いとして、シネ・ラス・アメリカスは、19歳以下の青少年映画製作者に公開される「エマージェンシア」という特別コンペティション部門を紹介します。 オリジナル映画、ビデオ、ミュージックビデオの制作も受け付けています。 Cine Las Americasのバイリンガルメディア教育プログラムに参加する学生とインターンが、このフェスティバルを制作します。


言語

話し言葉が英語でないすべての作品については、英語の字幕および/またはナレーションが必要です。


提出期限

お祭りの開催を検討するには、以下の日時までにエントリーを提出する必要があります。

•締め切り:2021年2月19日(返金不可の入場料US$35)
• 締切日締切:2021年3月12日(締切料75米ドル)
• 青春映画の締め切り:2021年3月12日(青春映画は入場料を払わない)


手数料

提出された各映画は、35米ドルの返金不可の手数料を支払う必要があります。 通常の締め切り以降および締め切り前に提出された映画は、75米ドルの延滞手数料を支払う必要があります。

ユースフィルムのエントリは手数料を支払わない.

学生またはNALIPメンバーの割引*: 通常締め切りUS$25、締め切りUS$50。

* 学生証のデジタルコピー、またはNALIP会員証の確認書を提出する必要があります。

青少年映画以外では、入場料なしで提出された映画は、映画祭への参加とはみなされない。 青少年映画コンペティション以外で映画祭のカテゴリーへの参加を検討したい19歳以下の学生は、通常締め切り25米ドル、締め切り50米ドルの割引学生費を支払う資格があります。


支払い

入場料は、提出プロセス中にオンラインでお支払いください。


セキュアなプレビュー・スクリーナー

スクリーナーは、このプラットフォームを介して各提出を同行する必要があります。

映画祭に参加するために映画が選ばれた場合、プロモーション目的で使用するために、その映画の展示品質のコピーが直ちに必要となります。


進行中の作品

90% 完了したラフカットと進行中の作業は提出できますが、検討するには2021年2月19日の定期的な提出期限までに到着する必要があります。 進行中の作業がフェスティバル参加可能な場合、最終的な字幕付きコピーを2021年3月12日までに提出する必要があります。 進行中の作品がコンペティションに選ばれ、最終版の字幕付きコピーが上記の日付までに提出されなかった場合、該当する提出物は失格となります。


受入通知

すべての参加者は、自分の仕事が受け入れられたかどうかにかかわらず、電子メールで通知されます。 選ばれた映画の予備リストは、2021年5月の第1週までにwww.cinelasamericas.orgにて発表される予定です。


配送と通関

参加者は、フェスティバルに送られたすべての材料の送料と保険を支払う。 フェスティバルは、traffic@cinelasamericas.org 宛てに気道請求書番号をお知らせください。 フェスティバルは、製作者または連絡先の担当者と事前に別の目的地が合意されていない限り、展示品のコピーをオーナーに送り返す代金を支払います。

海外発送の場合は、コマーシャルインボイスまたは通関申告書を4部ずつパッケージに同梱してください。 請求書または申告書には、貨物の内容を20米ドル以下で評価し、荷物の内容を明確に明記する必要があります。 次のステートメントは、パッケージの外側だけでなく、ドキュメントに含める必要があります。「文化的目的のためだけに、商業的な価値はありません。 罪の武勇のコマーシャル. パラ罰金文化人」

Cine Las Americasは、税関手数料をカバーしていません。 詳細については、以下の「パッケージング」セクションを参照してください。


展覧会の形式

フィルムはDCP、Blu-ray(NTSCリージョン1またはリージョンフリー)、またはデジタルH.264ファイルから上映されます。 選ばれた映画の最終展示形式は、各映画祭の会場での技術的能力に応じて、プログラミングチームと参加映画製作者の間で決定されます。 DVDは展示形式ではありません。


展覧会のコピー

すべての展示物のコピー、ファイルおよび/またはプリントは、映画製作者または連絡担当者が事前に特に明記しない限り、遅くとも2021年4月13日までにCine Las Americasの所有物でなければなりません。 展示物のコピーは、事前にプロデューサーまたは連絡担当者と別段の合意がない限り、イベントの合計期間中、フェスティバルで利用可能でなければなりません。 祭りは2021年6月9日から13日まで行われる。

参加映画製作者は、シネ·ラス·アメリカスによって承認された形式で展示のコピーを保証する責任があります, 映画祭によって定義されたタイムラインの下で利用できるようになります. 参加映画製作者は、必要に応じて展示コピーの制作と出荷にかかる費用も負担します。

展示形式がBlu-rayであるすべての映画では、Blu-rayはリージョン1またはリージョンフリーにする必要があります。また、コンシューマーグレードのBlu-rayプレーヤーで最初から最後まで再生するように焼かれ、テストされます。

展示形式がDCPであるすべての映画では、DCPは暗号化されず、KDMを使用しないようにしてください。

映像制作者が展示用のデジタルファイルを提出する場合、そのファイルはドライブ、ディスク、またはUSBにデジタルH.264ファイル(.movまたは.mp4)形式で提供する必要があります。

Blu-ray、DCP、ドライブ、ディスク、またはUSBが転送中に破損した場合や、正常に再生されない場合、映画製作者は通知され次第、別のコピーを送信する必要があります。

弊社に出荷された展示物のコピーは、フィルム製作者または連絡担当者から事前に連絡がない限り、印刷元の連絡先に返却されます。 シネ・ラス・アメリカスが執筆した展覧会コピーは、フェスティバルのアーカイブの一部となる。 このフェスティバルでは、オリジナルマスターテープやDVDは展示コピーとして受け付けていません。


包装

展示会のコピーは、時間通りに到着し、破損していないことが重要ですので、慎重に梱包してください。 フィルム制作者は、リジッドケースやジュエルケースを使用してブルーレイを発送しないことを強くお勧めします。 代わりに、各ディスクに紙スリーブを使用し、両側に発送用封筒と同じサイズの厚紙を貼り、パッケージには曲げないでください。

映画製作者がBlu-rayカバー/プラスチックケースを組みたい場合は、封筒ではなく硬質の段ボール箱に梱包することをお勧めします。

展示物のコピーが破損した場合、必要な資料の再発送にかかる費用は映画製作者が負担します。


責任

エキシビションのコピーがフェスティバルの住所で受信されると、シネ・ラス・アメリカスはコピーの安全について責任を負います。 紛失または破損の場合、Cine Las Americasは、受け取った形式で新しいコピーを作成する費用の償還についてのみ責任を負います。 フェスティバルは、輸送中に破損または紛失した展示会のコピーについては責任を負いません.


プログラムのスケジューリング

映画祭は、選択した映画がどのプログラムセクションで上映されるかを決定し、選択した映画が選択された日付、時間、場所に合わせてスケジュールする権利を留保します。


ゲスト参加

映画祭では、上映会に出席している映画制作者やキャストメンバーとの質疑応答セッションを開催しています。


登録

映画製作者およびその他の業界メンバーの登録は、映画祭開催日に近いwww.cinelasamericas.org で利用可能になります。 お問い合わせは、register@cinelasamericas.org までお問い合わせください。


おもてなし

このフェスティバルでは、スタッフとボランティアがすべての参加者のオースティンでの滞在をやりがいのある体験にするために働きます。 ただし、Cine Las Americasでは、ごく限られた数の参加者に限り、旅行やホテルの手配が可能です。 お問い合わせは、register@cinelasamericas.org までお問い合わせください。


カタログをクリックして

Cine Las Americasは、選択した映画のプレビューコピーを地元のプレスに提供します。 番組スケジュールとプロのレビューは、通常、フェスティバルの直前の日刊とウィークリーに掲載されます。 印刷されたフェスティバルカタログは、今後の参考のために当社のウェブサイトに掲載され、アーカイブされます。 印刷ソース情報は、祭典カタログや祭典ホームページに掲載されています。


プログラム・セクション
•コンペティションにおける第1および第2劇的 [物語] 特徴
• コンペティションにおけるドキュメンタリー特集
• コンペティションのドラマティックショーツ
•コンペティションでのドキュメンタリーショーツ
• コンペティションでヘチョ・エン・テハス映画
• ミュージックビデオ(オーディエンスアワードの対象)
• 新リリース(非競合セクション)
•パノラマ:機能とショートパンツのための非競争セクション
• 特別上映:クラシック、レトロスペクティブ、共催プログラム
• エマージェンシア・ユース・フィルム(観客賞の対象)


実行時の規則

50分以上の総上映時間は長編映画とみなされます。

総上映時間49分以下の場合はショートフィルムとみなされます。


販促資料

はがき、ポスター、印刷されたプレスキットなど、映画の販促資料は、提出された映画の受諾時に限り、シネ・ラス・アメリカスに送付する必要があります。 映画祭スタッフは、映画が映画祭に正式に受け入れられる前に、当社のオフィスに送られたすべてのプロモーション資料を廃棄する権利を留保します。 フェスティバルは、フェスティバル全体のプロモーション戦略に従って、選択された映画のプロモーション資料を配布する権利を留保します。


合意

1) すべての資格と応募要件を読み、理解し、遵守しています。

2) この映画またはビデオをシネ・ラス・アメリカス国際映画祭に提出する権限があります。

3) 映画またはビデオが参加することが選択された場合、私は法的に映画またはビデオのコピーを映画祭開催日中に公開上映のために提供し、現行の応募募集ガイドラインに記載されている適格な展示形式のいずれかで提出します。

4) 私はフェスティバルへの途中で、展示会のコピーの損傷や損失から無害シネラスアメリカスを保持します.

5) 私は映画の劇場版、テレビ、オンライン版を含め、私の知る限りでこの映画のリリーススケジュールを開示しました。私は、映画の提出日とシネラス・アメリカスでの潜在的な上映の間に、映画はあらゆる種類の予定であることを理解していますオースティンでの公開展と/またはその周辺, 私はすぐにシネラス・アメリカスに通知する必要があります.




  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン