FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE Y COMUNICACION DE LOS PUEBLOS INDIGENAS (14)



締め切り

01 4月 2022
申し込み可能な

31 7月 2022
閉映画祭

19 11月 2022
通知日

18 11月 2022
25 11月 2022

住所

-,  -, Quito, Pichincha, Ecuador


映画祭について
先住民コミュニティー
短編映画祭 60'<
長編映画祭 >60'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 テーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 物理的な位置
 制作日: 任意の
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  60'<
 長編映画  >60'
 任意の言語
 字幕 
Spanish
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE Y COMUNICACION DE LOS PUEBLOS INDIGENAS
Photo of FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE Y COMUNICACION DE LOS PUEBLOS INDIGENAS

Photo of FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE Y COMUNICACION DE LOS PUEBLOS INDIGENAS
Photo of FESTIVAL INTERNACIONAL DE CINE Y COMUNICACION DE LOS PUEBLOS INDIGENAS

Spanish
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 18 11月 2022      映画祭の終了: 25 11月 2022

エル 14 FIC CLACPI 主催者エンバリアス活動・デ・フォルマシオン, プロモーション:

Muestras 旅程:とどエル・テリトリオ・デル・エクアドルセexhibirán películas reconocidas エンロスアンテリオレスフェスティバルCLACPI, ASIコモpelículas デプエブロス Indígenas del País anfitrión.

Encuentro de Realizadores y Realizadores y Realizadoras de Pueblos y Nacionalidades: alrededor de 50 ペルソナス nos reunimos a フィナーレス・デ・マルソ・エイニシオス・デ・アブリルパラリフレクソナール el trabajo 視聴覚デスデウナコンストラクションプロピア, todo esto reforzando ラス・アイディアス y corazonares ベース・デ・ヌエールストロカミナーハシアエル・イベントセントラルデル14 FICC CLACPI 2022.

Laboratorio de Cine para mujeres y disidencias: El Audiovisual desde, con y パラララスムヘレス y disidencias エス・ネセサリオパラコントラレスタラ・ビシオンコロニアル y 家父長・デル・シネー, パラエロ en フリオデル 2022 delegadas nacionales e internacionales serán parte de esta construcción collectivión アコンエンフォケ・デ・ジェネロ、ジェネラシオナル、ダイバーサ、およびインターセクター。

Seminario インテルナシオナル・デ・シネ・デ・プエブロス y Nacionalidades: ラ・コロニアダ・デル・サーベルエス・ウナ・デ・ラス・フォルマスパラエンカシラー y 従属エル・ケハセル視聴覚デロスプエブロスオリジナリオス, バホ・ラ・ビシオン antropológica, paternalista y colonizadora se crearon categorías como「ビデオインド ígena」,「cine indigenistacommunitario」; エス・エル・モメント・パラ・レコノサー categorías propias que 応答ヌエストラス形式・デ・ハサー, プロデューサーのエル・オーディオビジュアル. 9 月 2022, コンラ participación ナシオナル電子インテルナシオナル, nos juntamos a pensar y repensar nuestro cine.

Evento Central: comprende la muestra 中央デル 14 フェスティバル, ロス・エスパシオス・デ・ディベート, laboratorios y muestras speciales durante 7 日 11 月 2022 エンキト, エクアドル. Este encuentro Central tiene a la vez el evento de Affucuración y Clausura, acompañados de manifestaciones artísticas nacionales e internacionales.

Asamblea de CLACPI: la reflexión General, alcances y logros de quienes caminamos エンエルシネイラ communicación en エステエスパシオパラリノバーロスcommunicación y las commisos y las agendas デラコーディナドラララティノアメリカーナデシネイ Comunicación デロスプエブロス indígenas.

モダリダデス

La diversidad 視聴覚エス・ウナ・リケサ・ケノス invita a ser parte del 14 FIC CLACPI 2022. Con ese ese espíritu de puede postular エンラスシエンテス・モダリダデスポルラ・ドゥラシオン・デ・ロス・トラバホス:

-Cortometrajes Hasta 25 分デデュラシオン

-Mediometrajes de 25 と 60 分デデュラシオン

-Largometrajes de 60 分とアデランテ
ビデオクリップ

フォーマトス

Documental: Estructura 視聴覚なし ficcionada, que muestra ウナパルテ・デ・ラ・リアリダデスデエル・プント・デ・ビスタ y análisis de su 著者コモ ejercicio informativo más que dramático priorizando dar ココナアイデアまたは特別な.

Ficción: estructura 視聴覚ケナラ sucesos imaginarios o ficticios, si bien puede contraponerse アル・リラート・デ・ヘチョス・レアレス, en algunas ocasiones está basada en elementos pertenecientes a la realidad desde el processo Creativo y de invención de sus autores.

実験的:estructura 視聴覚que explora narrativas, discursos, estéticas y técnicas propias desde cada uno de los entornos, フエラ・デ・ラス fórmulas y formatos convencionales establecidos.

カテゴリー:

Mujer: destinado a las producciones audiovisuales realizadas por mujeres en áreas プリンシパレス・デル・シネ・コモ guión, direción, producción, producción, fotografía y sonido y que visualizan ロス・プントス・デ・ビスタ・イエル・アポルト・デ・ラス・ムヘレスエンエル・オーディオビジュアル, enfatizando en contenidos ケペルミタンエルディベート y la reflexión de la状況レアルケビベンラスムヘレス・デ・ロス・プエブロス・インディヘナス, アフロス・イ・カンペシノス.

Diversidad sexogenérica: destinado a producciones audiovisuales que evidencien ラス diversidades sexuales デロスプエブロス Indígenas y Afrosコモパルテ・デ・ラ・プロダクション y reproducción デロスセンティレス silenciados, ペロエン定数ムーヴィミエントナチュラル.

Infancia 反乱:destinado a 素材視聴覚アイコンy パラニーニョスイニーニャスデロスプエブロス Indígenas y Afros, que ショーン・ウナ apuesta パラconstruir imaginarios socials y culturales パララスヌエバス generaciones.

Resistencia: 息子ラスミル y unas formas audiovisuales de reflejar, cuestionar y プロポーナーラス y プロポエスタス・デ・レジスタンシア・エ・インシデンシア, ラ・ブスケダ por fortalecer エル・パラディグマ・デ・シビリザシオンデロスプエブロスオリジナリオスフレンテ a modelos コロニアレスエンエル・アンビトソーシャル, ポリス ítico, 教育, 文化,薬用, económico y demás formas de colonización que el systema sostiene diariamente.



  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン