JSFF Japanese Serbian Film Festival (9)

Jsff Japanese Serbian Film Festival



締め切り

04 4月 2022
申し込み可能な

04 6月 2022
標準締め切り

04 7月 2022
後期締め切り

04 7月 2022
最終締め切り

2

05 11月 2022
通知日

04 11月 2022
15 11月 2022

住所

Cvijiceva,  11000, Beograd, Serbia, Serbia


映画祭について
短編映画祭 30'<
長編映画祭 >60'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2020
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  30'<
 長編映画  >60'
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of JSFF Japanese Serbian Film Festival
Photo of JSFF Japanese Serbian Film Festival

Photo of JSFF Japanese Serbian Film Festival
Photo of JSFF Japanese Serbian Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 04 11月 2022      映画祭の終了: 15 11月 2022

JSFFについて

JSFFは、東京とベオグラードで初開催される没入型のテーマ文化交流プラットフォームで評価される9年間にわたるバイシティの年間映画祭です。 今年は、Novi Sad 2022での公式eCoC(EU文化首都)プログラムの一部であり、6日間の凝縮フィルムと担保アートプログラムが含まれています。その後、東京とベオグラードでの上映が行われます。 選ばれた作品のすべての作者は、11月5日から10日まで、ノヴィ・サドのeCoCに照らして大勢の聴衆の前で上映される機会があります。

JSFF 2022 テーマ:CULTFRONTATION
「2つのフレーム間のスペース」

今日私たちが知っている映画業界は、異なる文化の相互影響なしには存在しないと言っても間違っていません。 このような芸術的相補性の一例しか見られないのは、亀井文雄の作品である。亀井文夫は、彼が海外で獲得した編集技術を俳句の形式で応用し、作品自体の間のショットにもっと重要性と空間を与えている。

二つの文化の映画代表者の文化交流の形式としてのJSFFの伝統的概念の精神のもと、CULTFRONTATIONは、番組カテゴリのドメインにおける著者の見解にさらに立ち向かうことを目指している「Other? ヨーロッパ」。 このカテゴリは「異なる文化」を指します。 ヨーロッパの文化と芸術における支配的な価値を再検討することで、我々は異なる、代替的、疎外された、少数派、反抗的な表現の発見に来る。

JSFFは創立以来初めて、CULTFRONTATIONというテーマで統一された3つのカテゴリーにプログラムを展開する。

1. JSFF-毎年恒例のテーマ CULTFRONTATIONに関する著者の見解を提示する日本またはセルビアで制作された映画のオリジナルセレクション(撮影とクルーの背景に関する条件付き例外を含む)を維持しますが、「その他? ヨーロッパ」NOVI SAD 2022の番組ナラティブ-eCoC。

2. 東アジア-西バルカン半島-伝統的なJSFF形式の原則に従って、EA-WBはCULTFRONTATIONの分野を地域レベルまで拡大し、EA(東アジア)諸国(日本、中国、香港、マカオ、モンゴル、北朝鮮、韓国、台湾)のグループからの作品をスクリーニングする。西バルカン半島(セルビア、クロアチア、BiH、モンテネグロ、スロベニア、北マケドニア、*コソボ)の国々。

3. JSFF-INTERNATIONAL-文化的対立の幅広い側面を扱う世界中の映画のグローバルセレクション。 文化的対立の用語の1つは、非常に保護的な文化的環境を備えた適応可能な文化的環境の価値観に直面することを意味する。 また、キヤノン、一般化、社会における地位などのあらゆる種類の再考は、一種のCULTFRONTATIONと解釈することができる。

特に注意:
-プレミア (すべてのカテゴリー)
-ECOCエリアの背景(JSFF International Category):2023:エレフシナ(ギリシャ)、ヴェスプレム(ハンガリー)、ティミショアラ(ルーマニア)、2024年:バート・イシュル(オーストリア)、タルトゥ(エストニア)、ボードー(ノルウェー)

地理的基準:

■ JSFF CORE SELECTION(原産国:日本、セルビア)

■ EA-WB SELECTION(日本、中国、香港、マカオ、モンゴル、北朝鮮、韓国、台湾、セルビア、クロアチア、BiH、モンテネグロ、スロベニア、北マケドニア、*コソボ)

■ 国際セレクション(グローバル-地理的制限なし)

* 2023年のeCOCホストへの特別待遇:エレフシナ(ギリシャ)、ヴェスプレム(ハンガリー)、ティミショアラ(ルーマニア)、2024年:バート・イシュル(オーストリア)、タルトゥ(エストニア)、ボードー(ノルウェー)

資格条件

-長編映画の長さ:最低60分。
-ショートフィルムの長さ:最大30分。
-ジャンル:全ジャンル
-制作年:2020年1月1日以降に製作されたすべての映画。
-ビデオフォーマット:h.264 (DCP-会場への条件付き)

***
私は日本セルビア映画祭に応募することにより、映画祭が上映や教育、フェスティバルプロモーションの目的で自分の作品を使用できるようにすることを十分に理解しています。JSFFは、最大限の注意と注意を払ってPR目的でプリントを使用することはできますが、予期せぬ損傷に対して保持することはできないことを十分に理解しています。出荷、使用、プレビューまたは審査中のファイル。JSFFは、すべての参加者に対する著作権、商標、クレジットまたは著者の権利についても責任を負いません。

私の作品を提出することで、JSFFイベントが、フェスティバルの再実行のラインナップで12ヶ月間の作品を上映することを許可します。


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン