La Poesia Che Si Vede (1)



締め切り

28 1月 2021
申し込み可能な

14 3月 2021
閉映画祭

29 5月 2021
通知日

08 7月 2021
13 7月 2021

住所

Banchina Giovanni da Chio, 28,  60121, Ancona, Ancona, Italy


映画祭について
ビデオ詩
短編映画祭 20'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 制作日: 任意の
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  20'<
 任意の言語
 任意の言語
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of La Poesia Che Si Vede
Photo of La Poesia Che Si Vede
Photo of La Poesia Che Si Vede
Photo of La Poesia Che Si Vede

Italian
English
Japanese (日本語) ML


イタリアに居住または居住する著者(イタリアまたは外国人)、あるいはイタリア市民が居住または海外に居住する著者の作品

映画祭の開始: 08 7月 2021      映画祭の終了: 13 7月 2021

La Poesia Che Si Vede は、ビデオ詩に焦点を当てた短編映画祭です。 2021年3月24-26日に、イタリアの港湾都市アンコーナで開催されます。

アンコーナ市議会とマルケ地方の支援を得て、アソシアツィオーネ・ニーヴィエムによって組織されている。

アンコーナで開催され、過去20年間、アソシアツィオーネ・ニーヴィエムが主催する詩祭「ラ・プンタ・デッラ・リングア」とコート・ドリコ映画祭をルーツとするスタンドアロン・フェスティバルの初版を表しています。

参加条件

各著者は最大2作品で競うことができます。

イタリアに居住または居住する著者の作品(イタリア語または外国語)、または居住または海外に居住するイタリア市民でさえも(外国語の作品であっても)コンペティションに参加します。 最後に、外国人の作品, 居住者または海外に住む, 参加することができます, 作品は、元のイタリア語であることを条件に.

コンペティションに認められた作品は、除外されないために以下の要件を満たさなければならない。

資格を含む 20 'を超えない期間を持っている;

は、2016年1月1日以降に完了しています
広告や工業用フィルムを作成しない。

a), b), c) の要件を不遵守により競技から除外された場合, 4. の払い戻しは行いません.

コンペティションへの参加には€6(6ユーロ/ 00)の登録料が必要です。 料金は、ビデオポエムを2個まで送信することができ、1つのジョブだけを送信することに決めた場合は変わりません。 プロデューサーと/または販売代理店がビデオ詩を送信する場合、それらは異なる著者のそれぞれである場合、後者は、登録された作品と同じ数の株式を支払う必要があります。 プロデューサーと/または販売代理店が同じ著者のより多くの作品を登録する場合 (各単一の著者のための2つの作品の最大制限を尊重します)、彼は映画のカップルごとに単一の手数料の支払いを利用することができます. 作品は、2021年2月28日の24.00までに、以下のオンライン登録プラットフォームを介して送信する必要があります。

登録時に、フォームで提供されるすべてのフィールド(個人データ、連絡先、バイオ、あらすじ、映画の写真、詩人と監督の写真)を記入する必要があります。

受け入れられたフォーマット:mpg4 /クイックタイムアップルProRes本社/ H264. 解像度:1920 x 1080 ピクセルまたは 2048 x 1080

  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン