Chambal International Film Festival (5)



締め切り

07 1月 2021
申し込み可能な

30 4月 2021
早期締め切り

30 9月 2021
標準締め切り

31 10月 2021
後期締め切り

30 11月 2021
拡張締め切り

5

22 1月 2022
通知日

21 1月 2022
22 1月 2022

住所

Malad West, Mumbai, Maharashtra, India,  400064, Mumbai, Maharashtra, India


映画祭について
短編映画祭
長編映画祭


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 ジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2010
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画 
 長編映画 
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 21 1月 2022      映画祭の終了: 22 1月 2022

チャンバル国際映画祭シーズン1、2、3は大成功を収めた。 シーズン1では28カ国から316本の映画が応募され、160本の映画が上映のために選ばれた。 インドがアカデミー賞の「ハリシュチャンドラチ・ファクトリー」(2009年)への正式エントリーは、シーズン1でも特別フォーカスで上映されました。

シーズン2では35カ国から492作品が応募され、243作品が上映に選ばれた。 アカデミー賞の「コート」(2015)へのインド公式エントリーは、シーズン2でも特別フォーカスで上映されました。

シーズン3では40カ国から604本の映画が提出され、398本の映画が上映のために選ばれた。 インドのアカデミー賞「Shwaas」(2004年)への正式エントリーは、シーズン3でも特別フォーカスで上映されました。

ハイライトは次のとおりです。
1. 最優秀長編映画賞, 最優秀短編映画賞, 最優秀学生映画賞.
2. 2日間のフェスティバルに出席したすべての映画メーカーに、様々なニュースペーパーやTV/Youtubeチャンネルで優れた報道とメディア報道。
3. 映画祭期間中、5000人以上の足跡が登録された。
4. ホテルでの滞在、食事、搬送を含むすべての映画メーカーへの無料ホスピタリティ。
5. 世界中の 51人の映画製作者が映画祭のシーズン1に出席しました。
フィルム・フェスティバルのシーズン2には、世界中の68人のフィルム・メーカーが参加しました。
映画祭のシーズン3には、世界中の76人のフィルムメーカーが参加しました。
6. 大画面上のすべてのフィルムメーカーへの素晴らしい露出.
7. 映画はシーズン1,2とシーズン3で複数スクリーンで上映された。
8. 審査員はFILM INSTUNDY(BOLYWOOD)
9. 50のカテゴリーでの受賞。
10. すべてのノミネート映画への公式セレクションの証明書。
11. すべての参加者への参加証明書。
12. ワークショップ, ネットワーキングとセミナー.

チャンバル国際映画祭、インドは、映画メーカーが映画を愛する偉大な観客に彼らの才能を披露する機会を得るプラットフォームです。 また、観客は、世界の様々な映画メーカーのいくつかの素晴らしい短編映画、ドキュメンタリー映画、アニメーション映画、ミュージックビデオを見る機会を得るでしょう。 著名な作詞家、Kshitij Tarey氏、Sayeed Quadri 氏(著名な歌手・音楽作曲家)、Suresh Naik 氏(高度に優れたDOPおよび特殊効果CO-Ordinator)、Ranjan Das 氏(著名な編集者・作家)は、インド映画産業の名で知られています。

01. このフェスティバルは、2022年1月にインドのラージャスターン州コタで開催されます。


02. 応募者の知識を最大限に活用するために、応募フォームのすべての詳細が正確でなければなりません。


03. 応募者は、応募者の代理として、作品の所有権を有する個人または事業体を代表して、フェスティバルへの提出を正式に許可され、応募者は、この提出が法律に違反せず、当該個人または団体または第三者の権利に違反していないことを宣言しますどのような方法であれ。


04.
応募者は、応募書類で共有する連絡先情報、住所、電子メールが正しいことを確認する必要があります。


05.
投稿は、長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ミュージックビデオ、アニメーション映画です。 オリジナルフィルムは35mm、16mm、HD、DIGI BETA、BETA SP、U-MATIC、DV、DVDで製作される場合があるが、フィルムは技術委員会、選考委員会、審査員パネルのプレビュー目的で使用可能でなければならない。


06.
映画は2015年1月1日以降に完成している必要があります。


07.
最小または最大実行時間はありません。 上映時間が59分を超える映画は、長編映画とみなされます。


08.
エントリは PAL 形式または NTSC 形式にすることができます。 フォーマット上の問題により上映されなかった場合、フェスティバル・マネジメントは責任を負いません。


09.
フィルムは、任意の言語または任意のジャンルにすることができます。 英語以外のすべての映画は、映画祭のプレゼンテーションには英語のサブタイトルが必要です。


10.
YoutubeまたはVimeoまたは他のリンク(ダウンロードする必要があります)は、エントリと一緒に提出する必要があります。


11.
複数のエントリを提出することができますが、個別の詳細を同封する必要があります。 各映画は、新しいエントリと見なされます。


12.
CIFF組織は、応募/送信/選定/ノミネート作品、および映画からの資料を映画祭のプロモーション目的で使用し、各映画のコピーを映画祭図書館の一部として保持する権利を有します。


13.
アワードは、各カテゴリーで最低5回のエントリーがある場合にのみ与えられます。


14.
映画祭が終わるまで、いかなる状況下においても、最終審査のために選考・提出された作品を取り下げることはできません。


15.
広報資料(ブローチャー、スチル、ポスターなど)と長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ミュージックビデオ、アニメーション映画のあらすじを同封します。 提出された応募資料は、応募者に返却されません。


16.
原産国からフェスティバルオフィスまでの関連書類、写真、広報資料の交通費および保険費用は、申請者が負担するものとします。 フェスティバルは、インドまたはカスタム部門の空港当局との小包の責任を負いません. 関税は、映画製作者/製作者が支払う必要があります。


17.
祭りの期間中、応募者の宿泊・搭乗に係る費用は一切負担しません。


18か
フィルムは締め切り前に提出する必要があります。 チャンバル国際映画祭は、遅延、紛失、破損、誤送り、送料、盗難、不正流用などについて責任を負いません。


19か
不適切/不十分/判読不能/あいまいな詳細のエントリは考慮されません。 映画祭委員会は、理由の如何を問わず、映画を受諾または拒否する権利を留保します。


20か
選考のために提出されたエントリは最終的なものとみなされ、提出後に変更はありません。 応募者の責任は、いかなる欠陥も生じずに提出することです。


21か
受賞者は、独立したプロデューサー、制作会社、映画製作者、その他の映画業界の専門家で構成される審査委員会によって選出されます。これらの専門家はフェスティバル主催者の裁量により代替されます。


22か
作品やアーティストは、出身国、言語、年齢、人種、教育、性別、イデオロギー、または経済的資源によって差別または好まれることはありません。 あらゆるコンテンツ、あらゆる形態、あらゆるテクニックは、いかなる種類の検閲も受けません。


23か
選考委員会の決定は最終的なものであり、何の対応も楽しまれません。 ファイナリストには、電子メールで通知されます。 チャンバル国際映画祭は、指定された時間に選ばれた作品、受賞者を発表するために最善を尽くしますが、不測の遅延については責任を負いません。 選択した映画のリストは、ウェブサイトとFacebookのページに表示されます。


24か
チャンバル国際映画祭への応募により、参加者、またはその両親または法定後見人(応募者が未成年者である場合)は、映画祭および審査員の決定を承諾し、拘束されることに同意するものとします。


25か
フェスティバル当局は、あらゆるカーストやコミュニティ、宗教、セクターの感情、感性を怒らせる可能性のある映画を受け入れるか、拒否する権利を留保します。


26か
映画祭の終了後、映画祭当局はインドのさまざまな都市で映画を上映する権利を有します。 プロモーション/宣伝のため、映画祭期間中、映画祭で応募された映画の抜粋をテレビネットワーク/インターネットまたは関連メディアに表示することができます。


27か
参加者は、本書で定められているこれらの公式フェスティバル規則および規則のすべての条項に拘束されることに同意するものとします。 チャンバル国際映画祭は、必要に応じ、予期せぬ理由により、映画祭の期限を延長する権利を留保します。 応募は、受賞者の氏名、肖像、音声を将来の広告および宣伝目的で使用することを、追加の報酬なしで使用することを許可するものとします。


28か
長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ミュージックビデオおよびアニメーション映画は、応募者のオリジナル作品でなければならず、第三者の著作権またはその他の権利を侵害しないものとします。


29か
参加者は、あなたの映画に提示された音楽、音および/または画像に関するすべての必要な許可を得ていることに同意します。 応募者は、本映画祭に参加することにより、お客様またはお客様の短編映画による著作権侵害について、チャンバル国際映画祭が責任を負わないことに同意するものとします。


30か
チャンバル国際映画祭は、理由の如何を問わず映画を上映しない権利を留保します。


31.
参加者はまた、犯罪や侵害についてインド刑事訴訟法およびインドメディア法に従って起訴されるリスクを負う可能性があります。 人種的、宗教的、地域的な差別は、提出される映画のいかなる部分にも描写されないものとします。


32か
受賞時点で18歳未満の受賞者の宣誓書は、親または法定後見人の署名が必要です。 宣誓供述書は、チャンバル国際映画祭による検証の対象となります。 法律上の問題がある場合、そのすべては、コタ下級裁判所および裁判所の管轄下に置かれるものとします。


33か
チャンバル国際映画祭の組織化、選考委員、審査員は、出場者としてそれぞれの映画祭に参加することは認められていません。


34か
応募者は、提出された映画に対するすべての所有権を保持します。


35か
映画監督/プロデューサーは、映画祭の主催者の事前の許可なしに「チャンバル国際映画祭」の公式ロゴを使用する権利を持っていません。


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン