Chambal International Film Festival (4)



締め切り

22 5月 2020
申し込み可能な

30 4月 2020
早期締め切り

30 9月 2020
標準締め切り

31 10月 2020
後期締め切り

30 11月 2020
拡張締め切り

3

16 12月 2020
通知日

22 1月 2021
23 1月 2021

住所

Malad West, Mumbai, Maharashtra, India,  400064, Mumbai, Maharashtra, India


映画祭について
短編映画祭
長編映画祭


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 ジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2010
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画 
 長編映画 
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival
Photo of Chambal International Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 22 1月 2021      映画祭の終了: 23 1月 2021

チャンバル国際映画祭は、映画メーカーが映画を愛する素晴らしい観客に彼らの才能を披露する機会を得るプラットフォームです。 また、観客は、世界の様々な映画メーカーのいくつかの素晴らしい短編映画、ドキュメンタリー映画、アニメーション映画、ミュージックビデオを見る機会を得るでしょう。 作詞家Sayeed Quadri 氏、映画製作者、DOP氏Mazhar Kamran氏、音楽作曲家歌手Kshitij Tarey氏が、ボリウッドで評判を呼んでいます。

01. フェスティバルは、2021年1月にインドのラージャスターン州コタで開催されます。


02. 申請者の知識を最大限に活用するには、エントリーフォームのすべての詳細が正確でなければなりません。


03. 応募者は、作品を所有する権利を有する個人または団体を代表して、映画祭への提出を正式に許可され、応募者は、この提出が法律に違反しておらず、当該個人または団体または第三者の権利を侵害していないことを宣言します。いかなる方法であれ。


04.
応募者は、映画祭オフィスが通信に使用する可能性があるため、応募時に共有する連絡先情報、住所、Eメールが正しいことを確認する必要があります。


05.
作品には、長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ミュージックビデオ、アニメーション映画があります。 オリジナルフィルムは、35 mm、16 mm、HD、DIGI BETA、BETA SP、U-MATIC、DV、DVDで製作することができますが、フィルムは、技術委員会、選考委員会、審査員パネルのためのプレビュー目的で利用可能でなければなりません。


06.
フィルムは、2015年1月1日以降に完了している必要があります。


07.
最小または最大実行時間はありません。 上映時間が 59 分を超える映画は、長編映画と見なされます。


08.
エントリは、PAL 形式または NTSC 形式にすることができます。 映画祭運営は、フォーマットに問題があるために上映されない場合は責任を負いません。


09.
映画は、任意の言語または任意のジャンルにすることができます。 すべての英語以外の映画は、映画祭のプレゼンテーションのために英語のサブタイトルを持っている必要があります。


10.
Youtube、Vimeo、または映画の他のリンク(ダウンロードする必要があります)は、エントリと一緒に提出する必要があります。


11.
複数のエントリを送信できますが、別々の詳細を囲む必要があります。 各フィルムは、新しいエントリと見なされます。


12.
CIFF組織は、応募作品、応募作品、応募作品、応募作品、応募作品、応募作品、応募作品、応募作品等の資料を映画祭の宣伝目的で使用し、各作品の複製を映画祭図書館の一部として保持する権利を有します。


13.
賞は、すべてのカテゴリーに最低5回のエントリーがある場合にのみ与えられます。


14.
最終審査のために選択・提出されたフィルムは、映画祭が終わるまで、いかなる状況下でも撤回することはできません。


15.
宣伝資料(ブローチャー、スチル、ポスターなど)と長編・短編・ドキュメンタリー映画・ミュージック・ビデオ・アニメーション映画のあらすじが封入されます。 提出された応募資料は、応募者に返却することはできません。


16.
関連書類、写真、広報資料の原産地からフェスティバルオフィスにかかる交通費、保険費は応募者が負担するものとします。 フェスティバルは、インドやカスタム部門の空港当局と小包の責任を負いません. 関税は、映画製作者/製作者が支払う必要があります。


17.
本祭は、本祭期間中の宿泊・搭乗に関する費用を負担しません。


18.
フィルムは期限前に提出する必要があります。 チャンバル国際映画祭は、遅延、紛失、損傷、誤監督、送料、盗難、または不正流用のエントリについては責任を負いません。


19.
不適切な、不十分な、判読不能な、曖昧な内容を持つエントリは考慮されません。 フェスティバル委員会は、理由の如何を問わず、いかなる映画も承諾または拒否する権利を留保します。


20.
選択のために提出されたエントリは最終的なものとみなされ、提出後に変更は行われません。 応募者は、瑕疵なく応募書類を提出する唯一の責任となります。


21.
受賞者は、独立したプロデューサー、制作会社、映画製作者、その他の映画業界の専門家で構成される業界の専門家による審査委員会によって選出されます。これらの専門家は映画祭主催者の裁量で代替されます。


22.
作品やアーティストは、出身国、言語、年齢、人種、教育、性別、イデオロギー、または経済資源によって差別または好まれることはありません。 あらゆるコンテンツ、あらゆるフォーム、あらゆるテクニックは、あらゆる種類の検閲なしで認められます。


23.
選考委員会の決定は最終的なものであり、何の対応も楽しまれません。 ファイナリストには電子メールで通知されます。 チャンバル国際映画祭は、選ばれた作品、受賞作品を、指定された時間に発表するために最善を尽くしますが、予期せぬ遅延について責任を負いません。 選択した映画の一覧は、ウェブサイトやFacebookページに表示されます。


24.
チャンバル国際映画祭にエントリーすることにより、出場者またはその両親、または法定後見人(応募者が未成年である場合)は、すべての事項において最終的かつ拘束力のある映画祭およびその審査員の決定を受け入れ、拘束されることに同意するものとします。


25.
フェスティバル当局は、カースト、コミュニティ、宗教、セクターの感情、感情を怒らせる可能性のある映画を受け入れるか、拒否する権利を留保します。


26.
映画祭の終了後、映画祭当局はインドの様々な都市で映画を上映する権利を有します。 プロモーション/宣伝の目的で、フェスティバル期間中のテレビネットワーク、インターネット、関連メディアにエントリーされた映画の抜粋が掲載されることがあります。


27.
参加者は、本書で定められたこれらの公式フェスティバルの規則および規則のすべての条項に拘束されることに同意するものとします。 チャンバル国際映画祭は、不測の理由により、必要に応じて映画祭の期限を延長する権利を留保します。 応募は、受賞者の氏名、肖像、声を、今後の広告や宣伝を目的として追加報酬なしに使用することを許可するものです。


28.
長編映画、短編映画、ドキュメンタリー映画、ミュージックビデオ、アニメーション映画は、応募者のオリジナル作品でなければならず、第三者の著作権その他の権利を侵害してはなりません。


29.
参加者は、あなたの映画で提示された音楽、音および/または画像に関するすべての必要な許可を得ていることに同意するものとします。 映画祭に参加することにより、参加者はシャンバル国際映画祭がお客様またはお客様の短編映画によって加えられた著作権侵害について責任を負わないことに同意するものとします。


30.
チャンバル国際映画祭は、理由の如何を問わず映画を上映しない権利を有します。


31.
参加者はまた、任意の犯罪や侵害のためのインドの刑事訴訟法とインドのメディア法に従って起訴される危険性を実行することができます。 人種的、宗教的、地域的な差別は、提出される映画のどの部分にも描写されないものとします。


32.
受賞時に18歳未満の受賞者の宣誓供述書には、親または法定後見人の署名が必要です。 宣誓供述書は、チャンバル国際映画祭による検証の対象となります。 すべての法的問題は、もしあれば、Kotaの下位および裁判所の管轄下に置かれるものとします。


33.
チャンバル国際映画祭の組織、選考委員、審査員は、それぞれの映画祭への出場は認められません。


34.
応募者は、提出された作品に対するすべての所有権を保持します。


35.
フィルムメーカー/プロデューサーは、名称を使用する権利を持っていません「チャンバル国際映画祭」その公式ロゴ, ローレルスフェスティバル主催者の事前の許可なく.


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン