Chhatrapati Shivaji International Film Festival (8)



締め切り

13 5月 2024
申し込み可能な

13 11月 2024
早期締め切り

11 12月 2024
標準締め切り

22 1月 2025
後期締め切り

18 2月 2025
拡張締め切り

8

22 2月 2025
通知日

27 2月 2025
28 2月 2025

住所

Aditya, Opp Euro Kids, Vishalnagar, New DP Road, Pimple Nilakh,  411027, Pune, Maharashtra, India


映画祭について
短編映画祭 59'<
長編映画祭 >59' 300'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 制作日: 任意の
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  59'<
 長編映画  >59' 300'<
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Chhatrapati Shivaji International Film Festival
Photo of Chhatrapati Shivaji International Film Festival
Photo of Chhatrapati Shivaji International Film Festival
Photo of Chhatrapati Shivaji International Film Festival

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 27 2月 2025      映画祭の終了: 28 2月 2025

チャトラパティ・シヴァージー国際映画祭の主な目的は、世界中の映画製作者が優秀になる機会を提供し、最高の作品を選んで映画の祭典で上映する機会を提供することと、映画製作者が仲間の専門家や映画アーティストとのネットワークを構築するためのプラットフォームを提供することです。 CSIFFは、このような関係を育み、並外れた映画製作者が自分たちのプロジェクトを世界中の観客に見てもらえるよう支援できることを楽しみにしています。 CSIFFは、映画の発見を紹介することで、インスピレーションを与える目的よりも、映画、文化、教育をより一層結びつけています。

チャトラパティ・シヴァージーについて:
https://en.wikipedia.org/wiki/Shivaji

CSIFFは、次世代の映画製作者を育成しながら、新しく革新的な映画を紹介することに専念しています。 社会変革を強く提唱し、文化の多様性と国家間の理解を奨励しています。 質の高い映画の発展を促進し、世界中の映画専門家同士の交流を促進することで、すべての大陸の映画芸術を育むよう努めています。

チャトラパティ・シヴァージー国際映画祭は、世界中の最高の新人映画製作者の精神、情熱、技能を世界中の観客に紹介することを目的としています。

また、クラシック映画製作の最高傑作のみならず、実験的で、新しい非物語形式への道を切り開き、ビデオ・アートへと移行する作品も積極的に支援しています。 すべての映画は提出された時点で審査され、各カテゴリーで最も優れた作品が映画祭で上映されます。 その後、業界の専門家からなる審査員がファイナリストを見て、受賞作品を選びます。

参加を予定している映画製作者は、映画が上映される会場の予定されているプログラムに自分の名前が掲載されるように、できるだけ早く映画祭に通知する必要があります。https://csiff.buddhafest.in/

「キングシヴァジ」マハラージ(創造性、思いやり、勇気)-調和のとれた人類のために戦った地球上の偉大な戦士...

https://en.wikipedia.org/wiki/Shivaji

CSIFF-チャトラパティ・シヴァージー国際映画祭

参加するには:

映画祭は世界中の映画製作者に開かれています。

映画の提出者は、権限を与えられた人物または組織、映画監督、映画プロデューサー、または制作組織でなければなりません。

映画は好きなだけ提出できます。 提出が完了すると、手数料の払い戻しはありません。

短編映画は、2010年1月1日から登録期限までに制作されたものでなければならず、以前に上映されたり、インターネットや他の映画祭で上映されたりしていても問題ありません。

映画は、マラーティー語、ヒンディー語、英語、または英語字幕付きの他の言語でもかまいません。 選考には英語字幕は必要ありませんが、作品が選ばれた場合は、公開上映用に英語字幕をお願いします。

選考された作品は、上映作品や映画祭の宣伝に使用することができます(最大 10%)。

チャトラパティ・シヴァージー国際映画祭で選ばれた短編映画は、「私たちが主催するその他の映画祭」の一部となります。

Festhomeのウェブサイトで「上映はしていないがアワードコンペティション中」と記載されているカテゴリーは、一種の授賞式コンペティションであるため、上映されません。

「カテゴリー」サブセクションに記載されているすべてのコンテンツは、「ルールと規約」セクションの一部です。

審査員の決定が選考に関する最終決定であり、再検討の範囲や議論の余地はありません。 公式セレクションのデジタル受賞者のみを、受賞者には認定書のみをメールで共有します。 私たちは社会に根ざした映画祭なので、常に多くの映画製作者を支援しています。

コンペティションカテゴリー:

ショートフィルム
長編映画
短編アニメーション
ドキュメンタリー
実験用短編映画
ミュージック・ビデオ
長編アニメーション
広告映画
テレビシリーズ
ウェブシリーズ
スマートフォンショーツ
脚本
予告編
その他多くのものがFesthomeのプロフィールに掲載されています。

実行時間:

最長 59 分のショートフィルム
長編映画は1時間以上、4時間以上でなければなりません。

フォーマット:

フォーマットに関係なく、提出されたすべての映画が参加できます。 上映は1080pのデジタルファイルから行われます(上映に必要な形式については、参加者に十分な時間をお知らせします)。
















  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン