Festival International de Cinéma et de mémoire commune– Nador, Maroc (13)

Festival International De Cinéma Et De Mémoire Commune – Nador, Maroc



締め切り

09 1月 2024
申し込み可能な

10 7月 2024
閉映画祭

01 10月 2024
通知日

05 10月 2024
11 10月 2024

住所

74 - rue Ibn Khaldoun - App 2 - 2 Eme etage Place d'armes ,  50000, Meknès, Meknès, Morocco


映画祭について
短編映画祭 >1' 20'<
長編映画祭 >59'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 ジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 物理的な位置
 11月 2022
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  >1' 20'<
 長編映画  >59'
 任意の言語
 字幕 
French
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of Festival International de Cinéma et de mémoire commune– Nador, Maroc
Photo of Festival International de Cinéma et de mémoire commune– Nador, Maroc

Photo of Festival International de Cinéma et de mémoire commune– Nador, Maroc
Photo of Festival International de Cinéma et de mémoire commune– Nador, Maroc

French
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 05 10月 2024      映画祭の終了: 11 10月 2024

普遍的な人間の価値を訴え、「最後まで尊厳ある生活を送る」権利を含む人権を擁護する全国的な団体である民主主義と平和のための共通記憶センターは、環境に関する現在の議論や、憂慮すべき悪化を抑えるための実際的な解決策を国際社会が模索していることに鈍感でいることはできません。
生命の権利は取り返しのつかない成果ですが、第4世代の権利の出現は、人間の幸福を「健康的な環境での健康的な生活」と関連付けています。 したがって、環境の悪化は生活の質の低下につながります。
2024年5月25日から30日、世界環境デー(毎年6月5日に祝われる)の前夜にナドールで開催される第13回国際映画・共有記憶フェスティバルの統一テーマとして選ばれた「空と地の記憶」というテーマは、芸術全般、特に映画を通じて、人類を脅かす壊滅的な惨劇に対する意識を高める取り組みの一環です。
そのため、フェスティバル組織委員会は次のことを求めています。
1-次のような問題に取り組むドキュメンタリー映画:
-地球温暖化の災害
-生物多様性と生態系の破壊
-天然資源の枯渇。
-森林破壊の影響
-水質汚染、大気汚染
-産業活動による災害
-過度の工業化による悪影響
-天然資源の過剰開発
2-エディションの統一テーマに該当しない短編映画と長編映画:
-記憶や人権への取り組み。
-新しいアプローチを用いて人間の問題に対処する。
-現代的なビジョンを持って新しいテーマを提案する。

第1条:共通記憶、民主主義、平和センター(CMCDP)は、平和、寛容、平等、人権の尊重の文化を促進することを使命とする非営利団体です。

第2条:映画の事前選考と選考は、専門の映画祭委員会が行います。

第3条:映画祭の映画を授与する審査員は、毎年のように、さまざまな国籍の映画、文化、人権の世界の専門家で構成されます。

第4条:映画祭の賞は以下の通りとする。

ショートフィルム:
*大賞

ドキュメンタリー:
*グランプリ:ドリス・ベンゼクリ
*ドキュメンタリー研究賞

フィクション長編映画:
* グランプリ:レイラ・メジアン・ベンジェロン
* 最優秀脚本賞
* 最優秀女性演技賞
* 男性最優秀パフォーマンス賞

第5条-モロッコのフェスティバルの開催を規制する法律が適用されます。

第6条-外国映画については、モロッコでの初演であり、国内のどの映画祭でも上映されていないことが義務付けられています。

第7条-選ばれた映画の法定代理人には、遅くとも2024年4月30日までに通知されます。受理書類を映画祭に送付した後は、映画を撤回することはできません。

第8条-選ばれた場合、映画祭は以下の費用を負担します。

-フィクションとドキュメンタリーの長編映画:出身地からナドール市までの往復チケット(ツーリストクラス)。 フェスティバル期間中の宿泊と食事

-ショートフィルム:フェスティバル期間中の宿泊と食事、または出身地からナドール市までの往復チケット(ツーリストクラス)。

第9条-同様に、一部の映画はコンペティション対象外として上映される場合があります。

第10条-主催者は、本規則に規定されていない場合について決定する権利を留保します。

第11条-提出された映画で、今年版の規則に従わないものは分類解除されます。


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン