Uluslararası Gordion Arkeofilm Festivali (1)

International Gordion Archeofilm Festival



締め切り

26 4月 2024
申し込み可能な

09 8月 2024
最終締め切り

18

29 8月 2024
通知日

03 10月 2024
06 10月 2024

住所

Yenimahalle Gordion caddesi No:29,  06900, Polatlı, Ankara, Turkey


映画祭について
考古学と文化遺産
短編映画祭 >5' 30'<
長編映画祭 >15' 1000'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 テーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 物理的な位置
 1月 2020
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  >5' 30'<
 長編映画  >15' 1000'<
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Uluslararası Gordion Arkeofilm Festivali
Photo of Uluslararası Gordion Arkeofilm Festivali
Photo of Uluslararası Gordion Arkeofilm Festivali
Photo of Uluslararası Gordion Arkeofilm Festivali

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 03 10月 2024      映画祭の終了: 06 10月 2024

ゴーディオン・インターナショナル・アーケオフィルム・フェスト
今日、私たちは皆さんの前に立ち、歴史の奥底から伝わる物語の一部になるよう皆さんを招待します。 ゴーディオン考古学と文化遺産をテーマにしたゴーディオン考古映画祭は、単なる映画祭ではなく、発見の旅です。 この映画祭は、ほこりっぽい過去のページをめくり、人類史上最も貴重な物語を上映する機会を与えてくれます。
ゴーディオンは、アレキサンダー大王が伝説的な結びつきを解き明かした場所としてだけでなく、豊かな文化的、考古学的遺産を持つ都市としても知られています。 私たちのフェスティバルは、この遺産を世界中の観客と共有することを目的としています。 あなたの作品は、ゴーディオンの物語を語り、その魔法を存続させるのに不可欠です。

ストーリーは時間と空間を超越できます。 あなたの映画は、視聴者をゴーディオンの古くからの街並みの旅に連れて行き、歴史を生き生きと体験させます。 この映画祭は、作品の芸術的価値だけでなく、教育的でインスピレーションを与える側面も強調する機会です。

ゴーディオン・アルケオフィルム・フェスティバルは、文化遺産の保存と振興において重要な役割を果たしています。 あなたの参加は、この遺産を将来の世代に引き継ぐことに貢献し、文化的対話を維持することにも役立ちます。 あなたの映画は、ゴーディオンの物語を世界の舞台に持ち込み、このユニークな遺産の保存を支援します。

映画祭は、国際的なプラットフォームで作品を上映する機会を提供するだけでなく、他の映画製作者や考古学者とのネットワークを構築する機会にもなります。 さらに、映画祭期間中に開催されるワークショップ、パネルディスカッションでは、作品に関する深い対話をすることができます。

ゴーディオン・アルケオフィルム・フェスティバルに参加すれば、映画祭の一員になるだけでなく、文化遺産の振興と保存において重要な一歩を踏み出すことができます。 ゴーディオンのユニークな物語を世界と共有し、この魅惑的な旅の一端を担ってみませんか。

国際ゴーディオン考古映画祭

仕様書

ゴーディオン・アルケオフィルム・フェスティバルでは2つの部門でコンペティションが開催されます。

考古学・文化遺産ドキュメンタリー映画コンペティション

考古学、人類学、文化遺産に関するドキュメンタリー映画はコンペティションに応募できます。
考古学と文化遺産の学生映画コンペティション

考古学、人類学、文化遺産に関する学生向け映画は、コンペティションに応募できます。

コンペティション・カレンダー

コンペティションの申し込みは2024年4月26日に開始されます。
2024年8月9日応募締切

2024年8月29日のファイナリスト映画の発表
2024年10月3日、映画祭の開始と開幕

セレモニー
2024年10月4日-映画上映会
2024年10月5日、映画上映会
2024年10月6日-授賞式とクロージングセレモニー


参加条件

1-2020年1月以降に制作されたドキュメンタリーはコンテストに参加できます。

2-映画祭組織に関わる事前選考委員会および選考委員会のメンバーとその一親等親族は、コンペティションに応募することはできません。

3-応募日時点で18歳以上であれば誰でもコンテストに参加できます。 学生向け映画部門では、正規教育を受けている学生であることが条件となっています。

4-参加は無料です。

5-参加者は、参加するカテゴリーと支部を申請書に明記してください。

6-参加者は、別々または同じカテゴリーの複数の作品を持ってコンペティションに参加できます。

7-作品の応募は、監督またはプロデューサーが行います。 作品が複数の人物によって監督される場合、申請者は他の人の書面による許可を得て、それを申請書に追加する必要があります。 この場合、賞は応募した本人に授与されます。 賞の共有によって生じるいかなる問題についても、フェスティバル委員会、フェスティバル事務局、選考委員会は責任を負いません。

8-テレビ放送に適した技術フォーマット(MXF、mov、mp4などの拡張子が付いたフルHDおよび4K)で撮影された作品は、コンテストに参加できます。

9-コンペティションに参加するための作品の所要時間。考古学・文化遺産ドキュメンタリー映画コンペティションでは最短15分、最長100分。 考古学・文化遺産学生映画コンペティションの最大所要時間は30分です。

10-商業目的または観光目的で撮影された宣伝用映画は、ドキュメンタリーとはみなされません。

シリーズとして制作された11話のドキュメンタリー映画は、コンペティションに応募できません。

12-コンペティションに参加する映画には英語字幕が必要です。

13-ファイナリスト映画のSRTファイルの送信は必須です。

アプリケーション

競合他社; http://www.gordionfilmfest.org からコンテストに直接応募できます。 www.festhome.com のリンクにアップロードできます

申請の要件

1-ディレクターの履歴書 (トルコ語と英語) と写真 (300 dpi)

2-国内で参加する映画のトルコ語と英語の要約、および海外から参加する映画の英語の要約。

3-映画の 5 フレーム以上 (高解像度)

映画の4ポスター(300 dpi)(準備が整っていない場合は、事前選択後にアップロードできます)

5-映画の最長1分間の予告編

6-コンペティション事務局は、必要に応じて監督や作品に関する書類や情報を求めることがあります。

7-応募時に要求された書類は、所有者に返却されません。 フェスティバルのアーカイブに保管されています。

評価

基準を満たさない映画は、予備審査員による審査は行われません。

1-予備審査員と主要審査員。映画祭委員会と映画祭事務局によって決定されます。

2-予備審査員とメイン審査員。監督、映画業界関係者、評論家、プロデューサー、俳優、アーティスト、学者、映画関連組織や考古学のメンバーなど、それぞれの分野の専門家で構成されます。 映画祭委員会で十分な資格を持っている人は、予備審査員や審査員になることができます。

3-予備審査員は、基準を満たし、各カテゴリーで評価される最大7本のドキュメンタリー映画を選考委員会に提出します。 審査員:各カテゴリーの決勝に進出した映画の中から受賞者を決定します。

4-予備審査員と主審査員の決定は最終的なものです。

5-暫定評価の結果は http://www.gordionfilmfest.org で公開されます。 また、審査結果は、暫定審査を通過した著者のメールアドレスに直接または電話で通知されます。

6-予備審査を通過してファイナリストになった映画は、いかなる場合でもコンペティションから撤回することはできません。

結果の発表

•受賞作品は、2024年10月6日(日)に行われる授賞式で発表されます。

•最終選考に残った作品の作者は、授賞式に出席する必要があります。 参加しない場合は、映画制作チームから代表者を派遣する義務があります。
アワード

•考古学・文化遺産ドキュメンタリー映画コンペティションの受賞者
50,000 TLアワードとアワードスタチュエット

•考古学・文化遺産学生映画コンペティション優勝
25,000 TL アワードとアワードスタチュエット
フェスティバルに貢献する機関や団体は、リクエストに応じて特別な賞を授与することがあります。

獲得した賞金は、フェスティバル開催日から3か月以内にゴーディオン財団から支払われ、必要な書類が揃った後に法定控除が行われます。

一般条件

1-コンテストへの参加から生じる貨物、関税、運賃、保険費用は参加者に帰属します。

2-仕様書に明記されている賞品は、Gordion Foundationから受益者の個人銀行口座/IBAN番号に送付され、受益者はそれを書面で通知します。 受益者が個人の銀行口座/IBAN番号、規制委員会から要求された書類や情報を送付しない場合、アワード手数料は結果通知日から1年後に失効します。 時効の場合、権利者は報酬、ロイヤリティ、または同様のものを請求することはできません。

3-コンテストに参加することにより、本仕様書に記載されているすべての規制および条件が受け入れられたものとみなされます。 この仕様書の対象とならないすべての事項を決定する権限は、フェスティバル委員会に帰属します。 フェスティバル委員会は、本仕様書に明記されているすべての事項を変更する権利を留保します。

著作権 (使用) 権

1-作品は、フェスティバル委員会がそのプログラムに従って適切と判断したホールで、観客と選考委員会に贈られます。

2-映画祭期間中の上映には、映画の製作者からの個別の許可は必要ありません。

3-上映中、作品の所有者が映画祭実行委員会やホール関係者にホールやプログラムの変更を提案することはできません。

4-申請書に記載されているすべての情報の正確さは、署名した人を拘束します。 この情報により生じる可能性のある法的責任は、署名者に帰属します。

5-コンペティションに提出された作品に含まれる非オリジナルテキスト、画像、音楽など。 第三者による使用に起因する著作権侵害の申し立ては、応募者の責任となります。

7-コンペティションに該当する映画には、参加料や上映料は支払われません。

8 受賞作品やコンペティションで上映された作品の一部は、映画祭の宣伝用映画や予告編に使用できます。

権限

1-コンペティションに応募する作品がコンペティションに選ばれなかった場合でも、映画製作者の許可を得て、映画祭事務局による特別上映プログラムに含めることができます。

2-映画祭に出場する映画のチームは、映画祭事務局が決定した回数と日程で映画祭に招待されます。

3-映画祭委員会は、上映に必要な技術的および法的資格を持たない映画を上映プログラムから除外する権利を有します。

4-この規則に特に明記されていない事項に関する意思決定権限は、映画祭委員会に帰属します。

5-コンペティションに参加して映画に貢献したプロデューサー、監督、俳優、その他の人々は、これらの規則を受け入れたものとみなされます。 この規則の制作に貢献した人々に知らせることは、申請した映画の法的所有者の責任です。


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン