18 Międzynarodowy Festiwal Filmów Przyrodniczych im. Włodzimierza Puchalskiego (18)

18th PUCHALSKI INTERNATIONAL NATURE FILM FESTIVAL



締め切り

01 5月 2020
申し込み可能な

31 7月 2020
最終締め切り

22

31 7月 2020
通知日

23 9月 2020
27 9月 2020

住所

ul. Kilińskiego 210,  93-106, Lodz / Łódź, łódzkie, Poland


映画祭について
生物多様性、地球へのチャンス
短編映画祭 40'<
長編映画祭 >40' 70'<


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 テーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 オンラインと物理的な位置
 1月 2017
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  40'<
 長編映画  >40' 70'<
 任意の言語
 字幕 
English
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of 18 Międzynarodowy Festiwal Filmów Przyrodniczych im. Włodzimierza Puchalskiego
Photo of 18 Międzynarodowy Festiwal Filmów Przyrodniczych im. Włodzimierza Puchalskiego

Photo of 18 Międzynarodowy Festiwal Filmów Przyrodniczych im. Włodzimierza Puchalskiego
Photo of 18 Międzynarodowy Festiwal Filmów Przyrodniczych im. Włodzimierza Puchalskiego

Polish
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 23 9月 2020      映画祭の終了: 27 9月 2020

ヴウォジミェシュ・プハルスキ国際自然映画祭

これは、観覧会、大会、会議、展示会、観光旅行、ワークショップでいっぱいの5日間の生態の饗宴でした。 2017年の第17回ヴウォジミェシュ・プハルスキ国際自然映画祭(Włodzimierz Puchalski International Nature Film Festival)により、ウッチは自然映画と写真の首都となり、自然と人間との関係を気にするすべての人々が出会うことができます。

私たちの祭りの第18回は、2020年に開催されます!

のルール
第18回ヴウォジミェシュ・プハルスキ国際自然映画祭

第 I 章

一般情報
1. ヴウォジミェシュ・プハルスキ国際自然映画祭は、少なくとも2年ごとに定期的に開催されます。

2. 第18回ヴウォジミェシュ・プハルスキ国際自然映画祭(Włodzimierz Puchalski)が2020年9月23-27日にウッチで開催されます。

3. 毎回、「ヨーロッパの自然と風景のプロモーション」という同じ旗の下でフェスティバルが開催されます。

4. 第18回フェスティバルのモットーは、「生物多様性、A CHANCE FOR EARTH」。

5. フェスティバルは、以下によって開催されています:
•Wytwórnia Filmów Oświatowych Sp. z o.,
• "フィルム-Przyroda-Kultura" 協会、
•ウォドツキ・ドム・クルトゥリー、
•「ウッチ・フィルモワ」協会

6. 植物園長Dorota Mańkowskaが議長を務めるフェスティバルのプログラム評議会は、主催者に代わってフェスティバルの形式とプログラムを監督します。

7. プログラム評議会は、フェスティバルのディレクターを任命します。

8. 理事会から要請されたように, ラファウ・ヨフウィアク-Wytwórnia Filmów Oświatowych Spの取締役会会長. z o.o.-フェスティバルのディレクターに任命されました.

9. フェスティバルオフィスの住所:
ヴィトヴェルニア・フィルムヌフ Oświatowych Sp. z o.o.
93-106 ウッチ, ul. キリンスキエゴ210,
電話 42 689 23 45; ファックス 42 689 23 46
メール:wfo@wfo.com.pl
Iwona Thomas-Stachaczはフェスティバルオフィスのマネージャーです。

第二章

フェスティバルの目標:

1. 国内および国際的なネイチャーフィルム出力の普及。

2. 持続可能な開発のための教育活動の観点から、自然映画成長機会の現状と視点の評価、環境意識の向上、多様性、環境保護の尊重。

3. 若者の教育の要素としてネイチャーフィルムを使用する機会の識別。

4. このドメイン内の創造性の発展に有益な影響。

5. 自然関連のトピックに特化した最も貴重な映画やプログラムの認識。

第3章

フェスティバル参加規約.

1. 映画祭に参加する資格のある映画:

a)ヨーロッパの自然、環境保護、自然の世界と関連する問題との人間の共存に特化したショートレングスフィルム(長さ40分)とミディアムレングスフィルム(長さ40〜70分)、

b)人気の科学、科学、ドキュメンタリー、アニメーション映画、自然テレビ番組だけでなく、60分を超えない他の映画形式、

c) 2017年1月1日以降に製作された映画。2017年第17回ヴウォジミエシュ・プハルスキ国際自然映画祭には参加しなかった、

2. 映画祭のコンペティションに選択されたフィルムのコピーは、DCP(デジタルシネマパッケージ)、Blu-rayディスクのフォーマットでデジタル媒体でお届けする必要があります。

3. 映画は、彼らが映画を発信する権利を持っていることを条件に、プロデューサーや個々のアーティストによって提出することができます。

4. 選考委員会は、特定の映画がコンペティションに入場されるかどうかを決定します。

5. 映画やテレビ番組は、2020 年 5 月 31 日まで、以下の住所宛てのフォーム(www.wfo.com.pl FESTIVAL タブから入手できるか、または電話で事前に提出して利害関係者に送付する)を使用して、書面で提出するものとします。

「フェスティバル・プチャルスキエゴ」
ヴィトヴェルニア・フィルムヌフ Oświatowych Sp. z o.o.
93-106 ウッチ, ul. キリンスキエゴ 210
またはメールで:wfo@wfo.com.pl

6. すべてのエントリには、次のものを含める必要があります。
a)エントリーフォーム、
B)フルHD MP 4またはDVD形式のフィルムのコピー、
c)対話リストとコメント(外国映画の場合、英語)、
d) 映画祭カタログでそれらを使用する同意と一緒にフィルム静止画, 少なくとも2600x2600ピクセルの解像度の, また、著者の名前を記載,
E) リスト, 映画で紹介動物や植物の種の名前を含みます, ラテン語で,
f) フィルムの短い説明, フェスティバルカタログに挿入するテキストの提案として役立ち (最大 500 文字),
g)宣言、提出された映画の著作権および関連する権利の所有権を主張し、
h) 生産クルーのリストとフィルムの詳細.
2020 年 5 月 31 日まで、以下の住所宛てに送信されます。

「フェスティバル・プチャルスキエゴ」
ヴィトヴェルニア・フィルムヌフ Oświatowych Sp. z o.o.
93-106 ウッチ, ul. キリンスキエゴ210,

Festivalは、あなたの映画の提出を無料でお受けします。
DVDは返却されません。

7. 青少年自然映画コンクールの選考委員会宛ての映画は、2020年7月31日まで、DVDまたはMP4形式の応募書類とともに以下のアドレスに送付されます。

「Młodzieżowy Konkurs Filmu Przyrodniczego」
ヴィトヴェルニア・フィルムヌフ Oświatowych Sp. z o.o.
93-106 ウッチ, ul. キリンスキエゴ210,
コンペティションへの応募は無料でお受けします。

DVDは返却されません。

8. 青少年ネイチャー映画コンクールの参加は、3~15分間の上映時間10~20歳の映画のみとなります。

9. フェスティバルの個々の参加エントリは、認定フォームを使用して次のアドレスに送信されます。

ヴィトヴェルニア・フィルムヌフ Oświatowych Sp. z o.o.
93-106 ウッチ, ul. キリンスキエゴ210,
2019年5月30日まで。

10. 参加者は、委員会が作品を完了すると、選考委員会の肯定的な決定について通知され、事前確認の受領後2週間以内にフィルムのコピーを送付する義務を負うものとします。

11. 主催者は、フェスティバルのプログラムの開催に関連するニーズに応じて、資料(DVDを含む)をコピーする権利を有します。

12. 主催者は、受け取った資料(DVDを含む)を返却して選択することはできません。 提出されたすべての映画およびプロモーション資料は、映画祭アーカイブの一部となります。

第4章

受賞

1. 映画祭の資格を持つすべての映画やテレビ番組は、主催者が任命した映画祭審査員によって評価されます。 賞金基金の金額は約12,000ユーロ(変更可能)。

2. 陪審員は、規則に規定されていない区分、名誉卒業証書、特別賞を授与する権利を有しますが、主催者は入手できます。

3. 審査員の決定は最終的なものであり、上訴することはできません。

第V章

最終規定。

1. 主催者は、準備作業の経過およびフェスティバルの実現に関連する日付を変更する権利を留保します。

2. 映画祭に映画を提出するという事実は、本利用規約の条項に同意することを意味するものとする。

3. フィルムを提出する当事者は、提出されたフィルムに対するすべての著者の経済的権利を有することを宣言し、テレビ放送、フェスティバル、主催者、スポンサーのウェブサイトでも映画祭のプロモーションキャンペーンの枠組みの中でフィルムまたはその断片を使用することに同意します。フェスティバルの前・中・後に企画された特別上映中など。

4. 提出当事者は、ポーランドのすべての地域で、2020/2021年の非商業的なポストフェスティバルレビューの枠組みの中で、受賞した映画のスクリーニングに同意します。

5. 提出当事者は、Festival カタログの出版物を含むINFFに関する出版目的のために、提供された宣伝資料を使用することに同意するものとします。また、Festival、Organiser、およびスポンサーのウェブサイトにそれらを掲載します。

6. 提出当事者は、上記第4項および第5項に掲げる資料を、特にフェスティバルのウェブサイト上に保管されているフェスティバルのアーカイブの枠組みの中で、本フェスティバルの後続版ウェブサイトのニーズに合わせて使用することに同意するものとします。

7. 自然人である提出当事者は、応募フォームに記載された個人データを提供することにより、コンペティションへの参加(映画の選択)に関連する目的のために、コンペティションの実行に関連するコミュニケーションに同意します。祭り. 提出当事者が個人データを提供する事実は任意ですが、それを怠ると、フェスティバルコンペティションに参加できなくなります。

8. エントリーフォームで提供される個人データが、提出当事者以外の自然人に関係する場合(特に、提出当事者が法人である場合)、提出当事者は、主催者による個人データの処理について、自然人の同意を得ていることをここに宣言します。このセクションで定義されているエクステント。

9. ルールが適用されない問題に関して意見が合わない場合、最終決定はフェスティバル主催者が行うものとします。


情報要件条項

2016年4月27日の欧州議会および欧州評議会(EU)2016/679の規則に従い、個人データの処理に関する個人の保護、およびそのようなデータの自由な移動および指令95/46/EC(以下、GDPR)の廃止に関する規定に従い、私はここに次のことを通知します。

1. フェスティバルのメイン主催者-ウッチのKilińskiego 210(郵便番号:93-106)、電話:42 689 23 45-あなたの個人データのコントローラです。

2. 当社のデータ保護責任者:iodo@wfo.com.pl

3. お客様の個人情報は、第6条 (1) (a) に従い、ヴウォジミエシュ・プハルスキ国際自然映画祭に関連するコミュニケーションの目的で処理されます。

4. お客様の個人データの受取人には、関連する法律の規定に従ってお客様の個人データを収集することを許可された他の事業体、および締結された個人データ処理契約に基づいて管理者名義にてお客様の個人データを処理するその他の事業体(いわゆる処理者)が含まれる場合があります。

5. お客様の個人データが第三国または国際機関に転送されることはありません。

6. お客様の個人情報は、お客様が同意を撤回しない限り、または個人データ管理者が、それらが古くなったことが判明した場合に限り保存されます。

7. お客様は、お客様の個人データのコンテンツにアクセスする権利、ならびにその修正、消去、処理を制限する権利、およびデータポータビリティの権利、異議を唱える権利を有します。

8. 個人データが同意に基づいて処理される場合、お客様は、撤回前の同意に基づいて行われた処理の合法性に影響を与えることなく、いつでも同意を取り消す権利を有します。

9. 個人データの処理がダイレクトマーケティングの目的で行われる場合、お客様はいつでも、そのような処理がダイレクトマーケティングに関連する範囲内で、そのようなマーケティングのニーズに対するお客様の個人データの処理に対して異議を唱える権利を有します。

10. お客様は、個人データの処理がGDPRの規制に違反していると考える場合、個人データ保護担当事務所の社長に苦情を申し立てる権利を有します。

11. お客様は、自発的に個人データを提供すること。

12. お客様の個人データは、プロファイリングなどの自動化された方法で処理されることはありません。 メッセージは、Wytwórnia Filmów Oświatowych Spのデータ保護オフィサーによって作成されています. z o.o.


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン