International Film Festival of Kerala (26)



締め切り

11 7月 2021
申し込み可能な

30 9月 2021
最終締め切り

6

20 10月 2021
通知日

10 12月 2021
17 12月 2021

住所

-,  -, Kerala, -, India


映画祭について
長編映画祭 >70'


FIAPF accredited festival logo 認定済み
映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 物理的な位置
 9月 2020
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 長編映画  >70'
 任意の言語
 任意の言語
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of International Film Festival of Kerala
Photo of International Film Festival of Kerala

Photo of International Film Festival of Kerala
Photo of International Film Festival of Kerala

English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 10 12月 2021      映画祭の終了: 17 12月 2021

第26回ケーララ国際映画祭

2021年12月10-17日

ティルヴァナンタプラム, ケーララ州, インド

ケーララ州政府文化部、ケーララ州チャラチトラ・アカデミー主催

ケララ州ティルヴァナンタプラムの国際映画祭(インド、ケーララ州)

ケーララ州の文化問題政府のケーララ州チャラチトラアカデミー部門


第26回IFFKの日付は、Covid19の状況により以下の通りである。
祭の日程:10-17 12月 2021.
2020年9月1日~2021年8月31日の間に完成した映画は、応募資格があります。
応募受付期間:2021年8月11日~9月10日。
PreviewMaterialDeadline:2021年9月10日。
PublishingOfListofSelectedFilms: 2021年10月20日。
審査資料の提出期限:
2021年11月25日。

第1条 組織
ケーララ国際映画祭は、毎年12月にケーララ州の首都ティルヴァナンタプラム(トリバンドラム)で開催されます。 世界中の国際的な映画とメディアの専門家たちは、熱狂的な観客、幅広い表現、そして温かいおもてなしのために、フェスティバルの以前の版を大切にしています。 このフェスティバルを実施するケーララ州立チャラチトラアカデミー(The Motion Picture Academy of the State of the Kerala, India)は、質の高い映画の振興と普及に専念する団体である。

第2条 目的と目標
この映画祭は、特にアジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国の映画を対象に、ワールドシネマのベストと国際コンペティション部門を紹介することを目的としています。 若者や今後の映画制作者を奨励するために、これらの国からのベスト・デビュー映画監督のためのもう一つの賞があります。 IFFKはまた、国際的な観客のためにマラヤーラム映画ベストを展示しています。

第3条 セクション
3.1 国際コンペティション部門:過去 1 年間にアジア、アフリカ、中南米の国で制作または共同制作された作品や、映画祭の前年の 9 月 1 日以降に初めて劇場上映された作品については、フェスティバルの国際コンペティションセクション。

3.2. マラヤーラム映画今日のセクション:このセクションでは、過去1年間の最高のマラヤーラム映画を紹介します。 新しい才能と革新的な映画制作スタイルを促進することを目指しています。 美的価値の高い映画に重点を置き、内容と形態の両方を実験し、性別と階級の多様性を包含する。 マラヤーラム映画館(マラヤーラム映画館)への窓になります。

「マラヤーラム映画今日」セクションは、マラヤーラム語の映画のためのエントリです。 本項では最大14本の映画が選ばれる。 14本のうち、6本の映画は監督の1本目および/または2作目とする。 14本のうち、2本の映画が国際コンペティション選考委員会で推薦される。

3.3か インド・シネマ・ナウ・セクション:インドのすべての地域からの映画のセレクションを紹介。 Indian Cinema Nowセクションは、ケララ州のプレミアショーとマラヤーラム語以外の承認されたインド言語で制作または共同制作された映画を対象としています。 最大9本のフィルムが選択されます。 9本のうち、2本の映画が国際コンペティション部門に推薦される。

3.4国際コンペティション、インド映画、マラヤーラム映画の各セクションをカバーするルール:選考委員会は、国際コンペティションのために映画を推薦します。 IFFKは、委員会の勧告に従って映画を招待します。 特別な権利放棄が認められない限り、以下の条件を満たす映画のみが選ばれる。

3.4.1か 国際コンペティションは、アジア、アフリカ、ラテンアメリカ諸国で制作または共同制作された映画を対象としています。 理事の国籍は考慮されません。 マラヤーラム語を含むインド映画は、直接国際コンペティションに応募できません。 マラヤーラム語シネマ・トゥデイとインド・シネマ・ナウの各セクションの2本の映画が、インターナショナル・コンペティションの選考委員会によって推薦されます。

3.4.2か 制作された作品、またはそれ以降に初めて劇場上映された作品
フェスティバルの前年の9月1日と英語

字幕は参加資格があります。 国際映画の場合、証拠がない場合には、最初の劇場上映の日付が考慮されます。 すべてのインド映画については、フィルム認証の中央委員会が発行した証明書の日付が考慮されます。 証明書が利用できない場合は、フィルムの完成日を記載したルピー200切手紙に署名された宣誓書が考慮されます。 劇場上映日は、インド映画には適用されません。 申請中に検閲証明書/宣誓供述書を提出する必要があります。

3.4.3か 国際コンペティションに選ばれた映画(インドとマラヤーラム映画を除く)は、他のインド国際映画祭のコンペティション部門に参加してはなりません。 この効果に対する宣誓供述書は、最終審査の前に製作者によって提出されます。

3.4.4か 国際コンペティション、インド映画、マラヤーラム映画のための映画の選考は、アカデミーの執行委員会が設置したそれぞれの選考委員会によって行われます。 選考委員会が行う決定は、最終的かつ訴えられないものとみなされます。 フェスティバルディレクターは、国際コンペティションへの参加条件を放棄する特別な権利を有します。

3.5. フェスティバル万華鏡(インド):セクションは、世界中のフェスティバルで称賛を受けたインド映画や、インド・マスターズの練習作品を紹介するために設計されています。
インド以外の映画祭で以下のカテゴリーから参加したインド映画(映画祭の前年9月1日以降)は、本セクションの対象となります。
1. FIAPF加盟コンペティション長編映画祭
2. FIAPF提携コンペティション専門長編映画祭
3. FIAPF加盟非コンペティション専門映画祭
4. インド・マスターズの練習による映画
5. ナショナル・アワードで最優秀作品賞を受賞したマラヤーラム映画
6. 全米賞で最優秀マラヤーラム語映画賞を受賞したマラヤーラム語映画
7. ケララ州賞で最優秀作品賞を受賞したマラヤーラム映画
本項の映画数は8本を超えない。 アカデミーの執行委員会が設置する内部委員会は、上記の基準に準拠した映画を推薦します。 フェスティバルのエントリーに関する公式情報は、製作者が提出する必要があります。 このセクションには特別なエントリは招待されません。

3.6か ワールドシネマ(コンペティション外):英語以外の映画は、英語字幕付きのオリジナルバージョンである必要があります。 アカデミーの理事会が設置した選考委員会が、ワールドシネマという非競争部門に映画を推薦します。 インドのマスターズの映画ができます

映画祭のどのセクションにも提出されていない場合、ワールドシネマのセクションに含まれます。

3.7か キュレーションされたセクション:以下のキュレーションされたセクションもフェスティバルに含まれています。
1) 回顧2) オマージュ、3) フェスティバルプログラムごとにフォーカス

第4条 一般規則
4.1. 国際コンペティションへの参加に関する法的請求は認められません。
4.2か 確定したフィルムは、映画祭プログラムから撤回されません。
4.3か 映画祭期間中、公式上映前に、映画祭会場外での上映は、映画製作者または参加者が行うものではありません。
4.4か 他の国際フェスティバルでの選考は、IFFKへの選考を保証するものではありません。
4.5. 映画祭のノミネートまたは選考委員会前に上映された映画または改訂版の映画は、国際コンペティション/インド映画/マラヤーラム映画部門では考慮されませんが、非コンペティション部門では考慮される場合があります。
4.6か 国際コンペティション部門、インド映画部門、マラヤーラム映画部門で選ばれた映画は、権利者の許可を得て、ケーララ州チャラチトラ・アカデミーが非商業上映活動の一環として上映します。
4.7か 映画祭で上映される作品は、すべて英語字幕付き原語となります。
4.8か CBFCの認定を受けていないすべての映画については、映画祭期間中、インド政府I&B省に免除を申請します。 映画は、この免除を受けることを条件として上映されます。 インド映画に関しては、I&B省からの免除が却下された場合、製作者は、映画祭からフィルムが削除され、選考委員会によって与えられたリストから新しいフィルムが含まれ、失敗した映画祭によって与えられた規定の時間内にCBFC証明書を生成することができますフェスティバルディレクターの裁量。
4.9か 選考委員会が提出した映画で、選考委員会が推薦していない映画は、同映画祭の同じ版の他のセクション(対象であれば万華鏡を除く)に含めることはできません。
4.10か IFFKに関連する紛争または問題がある場合、その紛争または問題はすべてインド法に準拠し、解釈されるものとし、ティルヴァナンタプラムの裁判所の専属管轄権に従うものとします。

第5条 応募締め切りと映画の選択
5.1か オンライン提出フォームの受領期限は9月10日です。

毎年、または特にアカデミーの理事会とプレビュー資料によって規定されたそのような他の締め切りは、祭りの毎年9月12日までにケーララ州チャラチトラアカデミーに到達する必要があります。 英語字幕付きDVD/ペンドライブ/ハードディスク/オンラインスクリーナー(.mov/mp4ファイル)は、上記の日付より前にアカデミーに到達する必要があります。 プレビュー資料を送信しながら、値は米国未満として宣言することができます $5. パーセルは、「商業的価値はありません。 文化目的のみ。 フェスティバルは、プレビュー材料の輸送費用を負担しません。 リクエストに応じて、所有者の費用で返却されます。 プレビュー資料は、選択期間全体で見ることができるオンラインリンクにすることができます。

プレビューDVD/ドライブは、郵便/宅配便でのみ送信する必要があります。 直接の配達は受け付けられません。

5.2か 選考委員会規定
1. ケーララ州チャラチトラ・アカデミーの執行理事会は、映画製作者などさまざまな分野の著名な人物からなる選考委員会を任命する。
ケーララ州チャラチトラ・アカデミーの執行理事会は、映画批評家や映画活動家以外にも映画業界に関係するケーララ州チャラチトラ・アカデミーの総評議会のメンバーなどの選考委員会に公開されています。
2. ケーララ州チャラチトラ・アカデミーの執行理事会は、エントリー数が多い場合は2層選考プロセスを実施する。 アカデミー執行委員会が任命した指名委員会は、最終選考委員会に上映用映画をショートリストします。 指名委員会は、映画に関連する人物から構成される。 2層選択プロセスは、マラヤーラム映画館のTodayセクションには適用されません。
3. 選考委員会および指名委員会のメンバーは、応募者自身または近親者の不関与を示す署名付き宣誓書を所定の形式で提出する必要があります。
4. 選考委員会は、以下のセクションで上映する映画を提案することができます。
入居者の選択。
5. 選考委員会は、各映画をオンラインまたは物理的な座りを通して閲覧する必要があります。 しかし、どの程度のフィルムを視聴するかは、選考委員会の裁量により決定されます。 詳細な記録はアカデミーによって維持される。
6. 国際コンペティション、インド・シネマ・ナウ、ワールド・シネマ・ワールド・シネマ・インターナショナル・シネマ・インヴァージョン、オンラインまたは物理的な座談を通じて、映画祭の次のセクションへの選択のためのスクリーニングを行うことができます。 マラヤーラム映画館の選考のための上映は、物理的な座りを通してのみ行われます。
7. 映画祭は、提出された映画についてのフィードバックや、特定の映画の拒絶理由を提供しません。

第6条 ジュリーズ&アワード
6.1. 審査員:
1. ケララ州チャラチトラ・アカデミーによって任命された独立した国際審査員が、賞を決定する。 審査員の決定は最終的なものとなります。
2. 審査員は、国際コンペティション選考委員会が選んだ映画を審査します。
3. 審査員は、現金賞に加えて、映画製作のあらゆる側面に対して審査員特別賞とメンションを自由に授与できます。 これらには賞金はありません。
4. 他のすべての賞のための映画祭は、映画鑑賞とのホスティングを容易にします。

6.2受賞歴
6.2.1. 公式賞
映画祭審査員は、国際コンペティションのために映画を審査する最後の唯一の権限となります。 以下は国際コンペティション部門での受賞である。
1. 最優秀作品:Suvarna Chakoram(ゴールデンカラスキジ)-記念品、賞状、賞金 20,00,000インドルピー(約27,000米ドル)の賞金をプロデューサーと監督が均等に共有する。
2. 最優秀監督:ラジャータ・チャコーラム — 最優秀監督に4,00,000インドルピー(約5400米ドル)の記念品、賞状、現金賞
3. ベスト・デビュー・ディレクター:ラジャタ・チャコーラム — 記念品、証明書、賞金総額3,00,000インドルピー(約4,000米ドル)
4. テクニカルエクセレンス:(任意の技術分野で)(特記事項):証明書のみ
5. パフォーマンス賞(特典):証明書のみ
6. 審査員賞:証明書のみ
6.2.2. 観客投票:上記に加えて、映画祭観客は観客投票の最優秀作品として1本の映画に投票します。この投票では、ラジャタ・チャコラム、賞金2,00,000インドルピー(約2700米ドル)が贈られます。

6.2.3. 生涯功労賞:IFFKは2009年に、生涯を通じて映画の芸術に貢献した国際映画人に対する賞を創設しました:10,000インドルピー(約13,500米ドル)、記念品が授与されます。

6.2.4. 毎年現金賞・賞金の額を改定する総会が開かれている。

その他の受賞歴
6.2.5. FIPRESCI賞:FIPRESCIが創設した独立審査員が、国際コンペティションおよびFIPRESCI賞から最優秀作品を選ぶ

国際コンペティション&マラヤーラムシネマトゥデイのセクションから監督の1番目または2番目の映画からベストマラヤーラム映画のために。
6.2.6. NETPAC Award:NETPACが創設した独立審査員が、国際コンペティション部門とマラヤーラム映画部門から最優秀アジア映画賞と最優秀マラヤーラム映画賞を審査します。
6.2.7. FFSI KR Mohanan Award:インド映画協会連盟(ケーララ州)によって設定された独立審査員は、国際コンペティション部門、マラヤーラム映画今日、インド映画から監督の最初または2番目の映画のための賞金を提示する。 映画の監督には、賞金100,000インドルピーが贈られます。

第7条 IFFKでマラヤーラム語映画が選出
7.1か ケーララ州チャラチトラ・アカデミーの理事会が設置する選考委員会は、国際コンペティションとマラヤーラム映画トゥデイのセクションに最大14本のマラヤーラム語映画を推薦します。
7.2か IFFKの「国際コンペティション」セクションと「マラヤーラム映画トゥデイ」セクションで選ばれたマラヤーラム語映画は、製作者および監督に対してそれぞれ1,000,000インドルピー(ルピーズ・ワン・ラクのみ)の助成金を受けることができます。
7.3か ケーララ州チャラチトラ・アカデミーは、IFFKの国際コンペティション部門とマラヤーラム映画トゥデイ部門で選ばれたマラヤーラム語映画の新しい英語字幕デジタルコピー(DCP)の費用を支払う。
7.4か デジタルコピー(DCP)はアカデミーに帰属し、権利者の許可を得て、非商業的および学術的審査目的で使用されます。

第8条 保険・配送
8.1か 映画祭は、映画祭に招待された映画の配送料を負担します。
8.2か すべてのフィルムは、フェスティバル貨物エージェントを介して送信する必要があります. 映画祭は、他の手段で送られた映画について責任を負いません。 フィルムは空港から空港までの保険です。
8.3か フィルムは、エントリーフォームまたは書面で指示された住所の参加者に送り返されます。
8.4か IFFKは、映画祭のために選択された映画の保管費と保険料を支払います。この期間中、映画資料が映画祭の権限の管理下にある期間中。 印刷物の紛失または破損の場合、フェスティバル当局の責任は公式エントリーフォームに記載された値を超えないものとします。
8.5か 印刷物に損害が生じた場合の請求は、印刷物の返却から1か月以内に、フェスティバルに通知する必要があります。

8.6か フィルムの供給者は、KDM Deliveryおよびその他の材料を確保する必要があります。
8.7か デジタルスクリーニング材料は被保険者です。 輸送が損傷した場合、祭りは責任を負いません。

第9条 アーカイブ用のコピー
国際コンペティション&インディアン・セクションで選ばれた映画は、ケーララ州立チャラチトラ・アカデミーが非商業的、学術的な上映のために使用するために、映画の英語字幕付きブルーレイ/ DVDコピーを預けることができます。

第10条
フェスティバルのディレクターとしてケーララ州チャラチトラアカデミーの会長は、現在のルールでカバーされていないすべてのケースを解決する権限を持っています。 すべての訴えは、おそらくフェスティバルディレクターに宛てたかもしれません。

第11条
いかなる理由であれ、映画祭運営による映画のカットや変更は行われません。 映画祭は、映画祭の国際規則を遵守し、3回以上の応募作品を上映(審査員審査を除く)しないことを約束します。
第12条
12.1か 各作品の最終DCPは、映画祭の毎年11月15日までにアカデミーに到達する必要があります。
12.2か 許容可能なフォーマットは、35mm印刷/DCP(暗号化されていない、DCI準拠-J2K、相互運用またはSMPTE DCP-注:J2KinteROP DCP は24/25fpsでのみ可能)です。
12.3か 国際コンペティション部門、ワールド部門、インド映画部門で選ばれた映画については、2枚のDVDと共に暗号化されていないDCPを提出することが期待されている。 毎年11月20日までに受理されなかった場合、審査は中止となります。

第13条
映画祭の任意のセクションで提示されるすべての映画の輸入、配布、商業展示は、関税が免除されます。

第14条。
映画は、映画祭の公式セクション内で発表されます。, 彼らは生産国の映画プロの決定に従って生産されている場合にのみ、その優先先は、通常と継続的な演劇展のためである場合のみ.

第15条。
映画祭に選ばれた作品の一覧は、映画祭の毎年10月20日までにアカデミーウェブサイトに掲載されます。 選択された映画の応募者のみが書面で通知されます。

第16条
映画祭は、映画が利用可能な最高の劇場で上映されることを保証します。 劇場の名前と座席の容量は、情報のために公開されます。 フェスティバルは、フェスティバル期間中に行われるプログラム全体のスケジュールも提供します。

第17条
映画(プレスキット)に関するすべての関連情報は、公式フェスティバルブックに含めるためのエントリーフォームに記載する必要があります。

第18条。
映画祭は、公式の公開上映前、または最終的に、プロデューサーから特に求められた場合を除き、ジャーナリストの一般上映前に、いかなる人物または団体(国際審査員以外)にも映画を贈ることはありません。

第19条
19.1か 国際コンペティションに選ばれた映画の監督またはプロデューサー1名様が、映画祭への参加のための完全なおもてなしとともに招待されます。
19.2か ワールドシネマセクションでの宿泊施設は、映画の監督または書面によるノミネートのためにのみ提供されます。
19.3か インドとマラヤーラム地方で選ばれた映画のディレクターとプロデューサー1人がフェスティバルに参加します。 招待状は、エントリーフォームに記載された住所に送信されます。
19.4か 映画祭ディレクターは、映画祭に参加するためのゲストとして、映画に関連のある人物または人物を招待する権利を留保します。

第20条
フェスティバルへの参加は、前述のすべての規制と選択条件の受け入れを意味します。

第21条
プレビュー資料は郵送/宅配便で送付する必要があります。 (これは、オンラインプレビュースクリーナーを持つエントリには適用されません)。 直接の配達は受け付けていません。
すべての資料は、次のアドレスに送信することができます:

ケーララ国際映画祭(IFFK)
ケーララ州立チャラチトラ・アカデミー・カザクトトム, ティルヴァナンタプラム-695 585, ケーララ州, インド
電話:+91 8137990822 +91 471 2754 422, +91 471 2756 622, +91 471 2755 322
programme@iffk.in deputydirector@iffk.in
www.iffk.in www.keralafilm.com



  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン