Bajo Nuestra Piel - Festival Internacional de Cine sobre Derechos Humanos (8)

Under Our Skin - Human Rights International Film Festival



締め切り

05 7月 2024
申し込み可能な

26 7月 2024
最終締め切り

01 10月 2024
通知日

08 11月 2024
17 11月 2024

住所

Calle 20 de Octubre,  -110, Ciudad de La Paz, Varias, Bolivia


映画祭について
短編映画祭 30'<
長編映画祭 >60'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 ジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかりません。
 国際映画祭
 物理的な位置
 12月 2021
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  30'<
 長編映画  >60'
 任意の言語
 字幕 
Spanish
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet





Photo of Bajo Nuestra Piel - Festival Internacional de Cine sobre Derechos Humanos
Photo of Bajo Nuestra Piel - Festival Internacional de Cine sobre Derechos Humanos

Photo of Bajo Nuestra Piel - Festival Internacional de Cine sobre Derechos Humanos
Photo of Bajo Nuestra Piel - Festival Internacional de Cine sobre Derechos Humanos

Spanish
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 08 11月 2024      映画祭の終了: 17 11月 2024

バホ・ヌエストラ・ピエル国際人権映画祭は、批判的で社会的に妥協された質の高い映画を、ドキュメンタリー、フィクション、アニメーション形式で芸術的に表現することを通じて、人権に関する議論と考察の場を生み出すことを目的としたプロジェクトです。

第1条-目的

国際人権フェスティバル「Under Our Skin」の目的は、批評的な映画制作、品質、社会的関与に関わるドキュメンタリー、フィクション、アニメーション形式による芸術的な映画表現を通じて、人権に関する議論と考察の場を創出することである。 映画祭が国際的であるのにはいくつかの理由がある。それは、さまざまな国の映画作品が上映されることや、ボリビア、チリ、エクアドル、ケニアに本部が設立されたことである。

第2条-祝賀会

第7回人権に関する国際映画祭「Under Our Skin」は、2024年11月8日から17日までボリビアのラパス市で開催され、その後、タリハ、オルロ、カミリ、リベラルタ、コチャバンバ、サンタクルーズ、コロイコなどで開催される有名な映画週間を通じて全国に配信されます。映画祭は、学校での特別展のほか、タリハ、オルロ、カミリ、リベラルタ、コチャバンバ、サンタクルーズ、コロイコなどで開催されます。、法律に抵触する若者を対象とした大学、農村コミュニティ、刑務所、リハビリテーションセンター。

第3条-その他のお祝い
第8版の公式セレクションに選出されることで、2025年1月から10月の間に開催される第2条に詳述されているさまざまな場所を通るルートに参加できるようになります。

このツアーへの参加は、登録時に提供された電子メールで事前に通知されます。

第4条-事前選択条件
映画祭選考委員会は公式セレクションを独占的に担当し、長編映画コンペティション、ショートフィルムコンペティション、アウトオブコンペティション(パノラマ、レトロスペクティブ)のどのセクションに映画を参加させるかを決定します。 。 *

*フェスティバルは、受け取った作品に基づいて新しいセクションを作成する権利を留保します。

第4.1条-登録

• 4.1.1 映画(短編映画または長編映画)の登録には、登録料はかかりません。

• 4.1.2 登録はFesthomeプラットフォームを通じて行われます。 プラットフォーム経由での登録が許可されないような障害が発生した場合は、films@bajonuestrapiel.org にメールを送信してください。

• 4.1.3 各著者は最大3つの作品を登録できます。

第4.2条-要件

• 4.2.1-第1条に定めるフェスティバルの目的を達成すること。 普遍的人権の教育、促進、および/または侵害(国連機関(UN)が定めるとおり)全般および/または特に関係があること。 ユネスコが提案しているように、教育と環境の持続可能な開発に関する事業も検討されます。

.• 4.2.2-Festhomeプラットフォームを通じて、または最初の選択肢が不可能な場合に電子メールで提供される登録フォームに記入して、選考対象として登録されている。

• 4.2.3-フェスティバルの36か月前(2021年12月1日以降)に制作されたもの。

• 4.2.4-「アンダー・アワ・スキン」の以前のエディションで送られたり上映されたりしたことがない。

• 4.2.5-どのオンラインプラットフォームでも公開されていない。

第4.3条-受付

• 登録期限は、2024年7月23日 23:59(GMT -4、ボリビアのラパス)です。

第4.4条-映画の長さ

ショートフィルム:

ショートフィルムとは、最長30分(クレジットを含む)の作品とみなされます。

長編映画:

長編映画は、60分以上続く作品とみなされます。

映画祭では、上映時間が30分から60分以内の映画を選ぶことを好みます。

第4.5条-選考のための閲覧

すべての映画はオリジナル版で上映されなければなりません(オリジナル版とは、映画が原産国で放送されている、または放送される予定のあらゆる言語とみなされます)。

選考委員会が映画を視聴するには、以下の字幕を付ける必要があります。

-セリフがスペイン語の映画:

英語の電子字幕*

-セリフがスペイン語以外の言語の映画:

コピー(埋め込み)または.srt /.subファイルにスペイン語の字幕が付いている。
+ 電子英語字幕*

*電子英語字幕は不要です。

字幕の費用は、映画の製作者が負担します。

電子字幕とは、.srt 形式または.sub 形式の映画に対応する各ダイアログのタイムコードを含む追加のデジタルテキストファイルと理解されます。

二重字幕付きのコピーを送らないでください。

第4.6条。プレゼンテーションフォーマット

フィルムの撮影に使用したサポート (ミニ DV、スーパー 8、35 mm など) にかかわらず、以下の特性を持つフィルムのみが受け付けられます。

•オーディオ、ビデオ、字幕は 1 つのファイルに含まれ、ファイルサイズは 10 GB を超えてはなりません。 (電子字幕は.srt または.sub 形式の追加ファイルに含まれます)。

• 固定ビットレートで、1 秒あたり 24、25、または 30 のプログレッシブフレームでのビデオエンコーディングが推奨されます。

• ファイル名には特殊文字を含めないでください。 たとえば、「myfilm!」のようなファイル名は使用しないでください。 @ &% $ § * () .mp4"。

• フィルムは 1 回のみ送付してください。また、1 つのサポートで送付してください。

高い技術品質を確保するため、ファイル圧縮には以下の設定をお勧めします。

サイズ/アスペクト比
1920 x 1080ピクセル/ 16:9 HD

ビデオコーデック/最小ビットレート
H.264 ハイプロファイル
5,000-10,000 キロビット/秒

オーディオコーデック/最小ビットレート
サンプリングレート AAC /320 キロビット/秒 48 kHz

ファイル変換は、たとえば、すべての一般的なオペレーティングシステムで無料で利用できる「HandBrake」ソフトウェアによって提供されます。

第4.7条-配送

Festhomeプラットフォームを介して送信するか、最初のオプションが不可能な場合は電子メールで提供される登録フォームに記入して送信する必要があります。 後者の場合、推奨される配信プラットフォームは、Wetransfer、MyAirBridge、Dropbox、Google Drive、Vimeo(直接ダウンロード)です。

第5条-予測
映画祭のメインサンプルは、ラパス市内のさまざまな上映スペースで開催され、1公演につき1本の短編映画と1本の長編映画が上映されます。 その他の上映やレプリカも、その目的に合った代替の映画館や文化施設で、いつでも無料で上映やレプリカが上映されます。

第6条-厳選された映画

作品が選ばれた場合は、9月初旬にお知らせします。その場合は、秘密保持をお願いします。 一度選択した映画は、プログラムから取り消すことはできません。

展示会の宣伝のみを目的とするトレーラーを H264 HD ファイルで 3 分以内で提出する必要があります。 (映画のコンパクト(予告編)を送付しない場合、映画の権利を有する者は、インターネットを含むあらゆる通信手段における情報資料としての普及のために、作品の断片(最大3分間、または全時間の最大10%)の使用を許可します。)

映画の広告ポスターは、JPEGまたはTIFFファイルで、最低60 cm x 100cm、300 dpiで送信する必要があります(映画のポスターを送信しない場合、映画の権利を有する者は、作品の断片をインターネットを含むあらゆるメディアでの有益なグラフィック素材として使用することを許可します)。

映画祭カタログに掲載するための添付文書としてのデジタルJPEG形式(最低720x576ピクセル)のフィルムの写真。

映画祭のカタログに掲載される可能性のある添付文書として、JPEG デジタル形式(最低 720x576 ピクセル)の映画製作者または映画製作者の写真。

映画の権利を所有する人物の身分証明書のデジタルコピー。
要求されたすべての資料を一度に送ってください。
ご不明な点がございましたら、films@bajonuestrapiel.org の電子メールアドレスからお問い合わせください。

選ばれた映画の責任者には、第8回国際映画祭「アンダー・アワ・スキン・フォー・ヒューマンライツ」への参加を証明する正式な栄誉が贈られます。

第7条-
このサンプル用に選ばれた映画は、文化、慈善、教育、または非営利の研修を目的として、映画祭のほか、特別な上映会で展示される場合があります。

選ばれた映画のコピーはすべて、今後の「アンダー・アワ・スキン」の「レトロスペクティブ」セクションに掲載することを目指して、同組織のメディア・ライブラリーの一部となります。

本カタログの編集内容は、本機構が担当します。

映画のいずれかのコピーの取得に関心のある個人または機関は、その権利を所有する者と直接連絡を取ります。

第8条-不測の事件
フェスティバル選考委員会は、本規則に規定されていないすべてのケースを決定することができる。

第9条-参加者の責任
フェスティバルへの参加は、規則の受諾と事前選考条件の遵守を意味します。

提出された作品に著者の音楽が含まれる場合、各作品はそれぞれの権利を有するか、音楽トラックの作者に十分な信用を与える必要があります。

映画の権利を所有する者は誰でも、ライセンス、著作権、著作権、画像、音声、その他の知的財産権を所有している必要があります。

映画を制作するために使用するもの。

映画の権利を持ち、FestHomeを通じて登録することを選択しない者は、映画祭で上映される映画とそのレプリカについて、この規則の条件が受け入れられ、権利と許可が与えられる宣誓供述書としての価値を記載した登録フォームを送付することに同意します。


これらの規制は、コンペティション中の長編映画、コンペティション中の短編映画、コンペティション外の公式セレクション全体に適用されます。

本規則に関して質問がある場合や説明が必要な場合は、films@bajonuestrapiel.org まで電子メールでお問い合わせください。

接触

映画受付部

電子メール:films@bajonuestrapiel.org
住所:2080 年 10 月 20 日アベニーダ、ラパス、ソポカチ、ボリビア

フェイスブック:FB.me/Bajonuestrapiel

インスタグラム:@festivalbajonuestrapiel

ティックトーク:@festivalbajonuestrapiel

www.bajonuestrapiel.org


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン