Biografilm Festival | International Celebration of Lives (19)



締め切り

01 11月 2022
申し込み可能な

01 2月 2023
標準締め切り

15 3月 2023
後期締め切り

05 4月 2023
拡張締め切り

4

31 5月 2023
通知日

09 6月 2023
19 6月 2023

住所

Via della Zecca 2,  40121, Bologna, BO, Italy


映画祭について
短編映画祭 >50'
長編映画祭 >50'


映画祭参加条件
 映画祭
 フィクション
 ドキュメンタリー
 アニメ
 ファンタジー
 ホラー
 実験映画
 Music Video
 その他
 任意のジャンル
 任意のテーマ
 申し込み料がかかります
 国際映画祭
 オンラインと物理的な位置
 1月 2022
 制作国: 任意の
 撮影国: 任意の
 監督の国籍: 任意の
 デビュー作映画 
 映像専門学校のプロジェクト 
 短編映画  >50'
 長編映画  >50'
 任意の言語
 任意の言語
ソーシャルネットワーク上で共有する
 Facebook 
 Tweet




Photo of Biografilm Festival | International Celebration of Lives
Photo of Biografilm Festival | International Celebration of Lives
Photo of Biografilm Festival | International Celebration of Lives
Photo of Biografilm Festival | International Celebration of Lives

Italian
English
Japanese (日本語) ML


映画祭の開始: 09 6月 2023      映画祭の終了: 19 6月 2023

バイオグラフィルム・フェスティバル | インターナショナル・セレブレーション・オブ・ライヴズは、ライフストーリーと質の高い映画に特化した映画イベントとして国際的に知られています。 バイオグラフィルム・フェスティバルは、キアラ・リベルティとマッシモ・ベンヴェーニュのアーティスティック・ディレクションの下、ファナティック・アバウト・フェスティバル協会が主催しています。

バイオグラフィルム・フェスティバル — インターナショナル・セレブレーション・オブ・ライヴズは、現実の生活と物語に焦点を当て、区別のない自由で民主的な空間を作り出すことで、あらゆる形態の芸術、エンターテインメント、産業において世界の映画言語を使用することにより、成長、発展、知識、対話、包摂性を促進します。

次回の第19回バイオグラフィルム・フェスティバルでは、2023年6月9日から19日にボローニャで開催される映画祭に、国内外の映画祭への参加を正式に募集できることを嬉しく思います。

イベントに関する詳細、以前のエディションのプログラム、次回のエディションに関するニュース、バイオグラフィルムの年間を通じた活動についての詳細は、フェスティバルのウェブサイト www.biografilm.it/en/ をご覧ください。

映画登録
長編ドキュメンタリーやフィクション映画の応募は、映画が以下の資格要件を満たしている場合に限ります。

•50分以上の実行時間。
•2022年1月1日以降に完了すること。
•映画がイタリアで上映または公開されていない(公開上映、その他のフェスティバルやイベント、デジタル公開など)。

短編または中編の映画(長さが50分未満)は受け付けられません。
映画祭の芸術監督の絶対的な裁量によるものであり、例外的な場合に限り、上記のガイドラインに従わない映画は受け付けられます。

投稿は、通話のルールと規則が順守され、スクリーナーへのリンクがアップロードされ、要求されたすべての情報が提供され、オンラインポータルFESTHOMEを通じて購読料(ユーロ)が支払われたことが確認された場合にのみ有効とみなされます。
https://festhome.com/festival/biografilm-festival-international-celebration-of-lives

FESTHOMEにスクリーナーをロードするときは、VIMEOのリンクが優先されます。

英語またはイタリア語以外の言語でのセリフを含む電話会議に提出されたすべての映画は、英語字幕付きでアップロードする必要があります。

DVDは受け付けますが、いかなる形式でもオンラインリンクに置き換えることはできません。
フェスティバルはDVDを返却できません。

料金とタイミング
同じ人物が複数の映画を提出することができます。

提出された映画ごとにユーロでの提出料が必要であり、FESTHOMEポータルに記載されている方法で支払う必要があります。
FESTHOMEがプラットフォームを利用するには、フェスティバルの投稿料に加えて、追加のサービス料の支払いが必要となります。また、サービス料は、プラットフォーム上で使用しているユーザーまたは作成するユーザーのタイプによって異なる場合があることに注意してください。

ドキュメンタリー
第1期締め切り:2023年2月1日(水)、提出料:30ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)
第2期締め切り:2023年3月15日(水)、提出料:50ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)
最終締め切り:2023年4月5日(水)、提出料:80ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)

フィクション映画
第1期締め切り:2023年2月1日(水)、提出料:30ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)
第2期締め切り:2023年3月15日(水)、提出料:50ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)
最終締め切り:2023年4月5日(水)、提出料:80ユーロ(+ FESTHOMEサービス料)

学生は、映画を提出する前にバイオグラフィルムのプログラミングオフィスに直接連絡することにより、電話期間中(2023年2月1日の締め切り後であっても)30ユーロの固定価格(+FESTHOMEサービス料)の提出料を支払うことで映画を提出することができます。

厳選された映画
バイオグラフィルムは、映画祭の主要部門(インターナショナル・コンペティション、バイオグラフィルム・イタリア、コンテンポラリー・ライフ、ヨーロッパ・ビヨンド・ボーダー、バイオグラフィルム・アート&ミュージック)、またはバイオグラフィルムの第19版のために作成された新しいセクションごとに映画を選択する権利を留保します。 映画の選考は、映画祭ディレクターの誰もが認める指示のもとに行われます。

選ばれた映画には、参加に関する詳細が記載された正式な書面による連絡が送られます。 申請者は、郵便物を受け取ってから5営業日以内に招待状を受け入れる手紙に返信する必要があります。 選定された映画は、映画祭の公開上映期間中およびバイオグラフィルムの期間中1回または2回のプレスおよび業界上映会で視聴可能でなければなりません。

一般公開、プレス、業界の上映のためのプログラムと上映時間は、プログラミングオフィスの裁量で発表され、利用可能になり次第お知らせします。

映画祭チームは、映画祭期間中に上映される映画を公開するための映画祭カタログを作成します。

選ばれたすべての映画について、プログラムの公式発表後に何らかのプロモーションが行われると、映画祭の公式ロゴが付けられた第19回バイオグラフィルム・フェスティバルへの参加が示されます。ロゴは映画祭のプログラミング・オフィスが提供します。 そのためには、選ばれた映画の権利者からの積極的な関与が期待されます。
バイオグラフィルム・フェスティバルで上映される映画に関連するプロデューサーおよびディストリビューターは、映画祭の公式ロゴを映画の販促資料(ポスター、予告編、ソーシャルメディア、ウェブアクティビティを含む)および上映用の映画のコピーに含め、参加を示す必要があります。映画祭での映画の、そして授与された場合は、映画祭のプログラミングオフィスが提供する公式賞のグラフィックを使用して、受け取った賞品。

プロジェクションフォーマット
一部の映画は、イタリア語の字幕付きで元の言語で上映されます。一部の上映では、英語字幕もあります。

映画の原語がイタリア語ではなく、映画にイタリア語の字幕がない場合は、バイオグラフィルムが翻訳と同期を行います。 この場合、以下の資料の提出をお願いします。

•タイムコード付きのわかりやすい字幕(すべてのダイアログ、グラフィック、キャプション)のリスト。 字幕のリストは、Word、RTF、XML、stl、txt、srtのいずれかにあり、タイムコードは次の例のようなものでなければなりません。IN 00:00:05:02 OUT 00:00:07:04。 (入力と出力の両方で、時間/分/秒/フレーム)。 タイムコードはDCPのタイムコードと一致する必要があります。

•翻訳を続行して字幕の同期を確認するために、DCPの最終バージョンと100%同一の映画の決定的なビデオファイル(低ビットレートのmp4)、最大サイズ2 GB。

イタリア語の字幕を実現するためには、映画の上映に支障をきたすリスクを避けるために、上記の資料を正確に送る必要があります。

バイオグラフィルムが制作した字幕の権利は、一部の例外を除いて、字幕部門が所有しています。 興味がある場合は、権利を購入するために参照する連絡先を印刷交通局に依頼することができます。

審査の目的では、以下の形式のみ受け付けています。
-DCPクリーンバージョン(コピーには字幕は印刷されていないが、元のグラフィックとキャプション付き)は暗号化されていない
-コピーにイタリア語の字幕が印刷されたDCP(映画がイタリア語でない場合)は暗号化されていない
-選択可能な英語字幕付きブルーレイ
-Quicktime ProRes 422 HQ クリーンバージョン(字幕なしですが、オリジナルのグラフィックとキャプション付き)

選択した映画に関連するさまざまなファイルの配信は、バイオグラフィルムが使用する研究所が管理する専用サーバーを介して、主にデジタル配信されます。

映画が選ばれたら、組織は上記のフォーマットのうちどれを映画祭に送る必要があるかを公開します。


テクニカルフォーム
各ハードディスクドライブには、画像構造コンテナ、画像アスペクト比(例:2:39、1:85、16:9 など)、オーディオチャンネル数、CPL(s)UUIDなどのパラメータを示すDCPテクニカルフォームを添付する必要があります。また、映画に関して通常提供されるすべての一般的な情報(タイトル、長さ、字幕、言語など)
選ばれた映画の上映資料は、バイオグラフィルム・プログラミング・オフィスが許可した例外的な場合を除き、映画祭の全期間にわたって入手可能でなければならず、2023年4月28日の前後にではなく、ボローニャに到着する必要があります。 審査資料の提出に関する詳細は、公式選考連絡でお知らせします。

必要な資料
選考された映画は、正式な選考書を受け取ってから5営業日以内に、映画に関連する以下の連絡資料を送付する必要があります。 期限に間に合わない場合、フェスティバルプログラムから除外されるリスクがあります(フェスティバルの裁量により別段の通知がない限り)。
-スポッティングリスト
-オリジナル言語と英語の字幕リスト(タイムコードの入力と出力を含む)
-英語のプレスブック
-高解像度ポスター (.jpg または.tiff、300 dpi 以上)
-高解像度の写真(.jpgまたは.tiff、300以上のdpi、片面1000ピクセル以上のサイズ)
-監督のデジタルヘッドショット写真
-監督の略歴とフィルモグラフィー(英語版)(可能な場合はイタリア語)
-最大3分間の高解像度トレーラー(デジタル配信経由)
-最大2分間のテレビ用高解像度ビデオクリップ(デジタル配信経由)
-映画が英語以外の言語で書かれている場合は、英語字幕付きのオンラインスクリーナー(Vimeoリンク、映画祭の終了まで有効なパスワードが必要)。
-イタリア語(イタリア語以外の映画の場合はオプション)と英語(各最大700文字)のあらすじ
-映画がデビュー映画かセカンド映画かの確認
-映画のプレミアステータスに関する情報
-他の映画祭への映画の参加に関する情報、および関連する場合は、以前に受賞した賞の詳細
-制作国/共同制作(主な共同製作者を明記してください)
-映画の主なクレジット(メインクルーと主演俳優)

オンラインスクリーナーへのリンクは、映画祭の終了まで社内で使用できるはずです。 バイオグラフィルムへの映画の参加が確認されると、コミュニケーションチームはオンラインスクリーナーを使用して特定のジャーナリストに映画を上映する権利を留保します。

さらに、バイオグラフィルムへの映画の参加が確認されると、コミュニケーションチームは、国内外のプロモーション用に最大3分間連続して映画の抜粋を使用する権利を留保します。 映画祭はまた、映画祭の予告編に映画のショートクリップを含める権利を留保します。映画祭の予告編は、プロモーションおよび非営利目的のみを目的としており、すべての上映前、当社のウェブサイト/ソーシャル広告、およびコミュニケーションに使用されます。

公式セレクションの招待状が受理されると、選ばれた映画を公式プログラムから削除することはできません。

バイオグラフィルム・フェスティバルは、映画に添えて受け取った資料の最終的な誤りや間違いについて責任を負いません。



権利
映画を発表するプロデューサー、配給業者、その他の人物は、バイオグラフィルム・フェスティバルに映画を提出する権限があることを保証する責任があります。
現在の電話で映画を提出することにより、参加者は(参加するつもりのない他の共同映画製作者に代わって)自分自身が映画の権利者であることを宣言します。これには、映画に含まれる著作権で保護された素材も含まれます。
バイオグラフィルムは、上映される映画に含まれる、または関連する著作権で保護されている素材の無断挿入について責任を負いません。 バイオグラフィルムは、著作権で保護されている無許可の素材を含む映画を失格にする権利を留保します。



バイオグラフィルム教育カタログ
権利者が興味を持っていれば、映画祭のために選ばれた映画をバイオグラフィルム・エデュケーショナル・カタログに含めることもできます。バイオグラフィルム・エデュケーショナル・カタログは、映画祭の翌月に学生向けの上映会を開催するために、映画祭が中等学校や高校に提供しています。
バイオグラフィルム教育カタログに含まれる映画には、バイオグラフィルムのスタッフが開発した、教室で行われる教育活動に関する資料や提案が添付されます。
映画祭に選ばれた利害関係者(映画祭に選ばれた作品)は、boschiero@biografilm.it に連絡して、詳細とバイオグラフィルム教育カタログへの参加を確認することができます。
映画祭に選ばれた映画は、バイオグラフィルム教育カタログに自動的に含まれることはありません。興味がある場合は、条件の確認が必要です。



一般的な注意事項
フィルムをコールに提出し、バイオグラフィルム・フェスティバルに参加するには、この規則を無条件に受け入れる必要があります。 不特定の場合、最終決定は完全にバイオグラフィルム・フェスティバルの裁量に委ねられます。
フェスティバルディレクターは、これらの規則および規則の対象とならない事項について決定を下すことができます。 いかなる論争もボローニャ裁判所の管轄下にあります




連絡先
詳細については、バイオグラフィルム・フェスティバルのプログラミング・オフィスに連絡してください。質問にはお答えします。

バイオグラフィルム・フェスティバル | プログラミング・オフィス
ヴィアデッラゼッカ 2, 40121 — ボローニャ (イタリア)
電子メール:programma@biografilm.it, assistantprogrammer@biografilm.it
www.biografilm.it/en/


  

 
  

ワンクリックで、素晴らしい映画やフェスティバルを発見

新規会員登録
ログイン